FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 川柳 > 川柳大会

川柳大会   2009.10.16

友人こうすけ君が会長をしている東京みなと番傘
川柳会の創立45周年の記念式典に招待された。
9月にこうすけ君と東横線でばったり会った折に、
この会のことを聴いていた。
彼は手紙魔で何回か誘いの手紙を送ってきたので
出かけないわけにはいかない。
彼が川柳を始めた30年ほど前、誘われ一緒に句会
に出ていた。仕事の関係で出られなくなったのか、
川柳に飽いたのか定かでないが、会員になったり、
外れたりを繰り返していた。
4代目の会長として今日は晴れの舞台である。
「暇の人も忙しい人も、遠い人も近くの人も
・・・」と彼らしいユーモアにあふれた挨拶であった。
川柳には抒情、風刺、ユーモアとあるが彼のは
パラドックス(逆説)が特徴と言われている。
そう言えば彼と話していてときどきイラツクことがある。
「・・・と思う」といえば必ず違う角度から見た意見を言う。
「褒められたのが間違いのもとだった」  の句がそれを
表している。
普段恥ずかしげに話すこうすけ君が、懇親会で胸を張り、
自信ありげに見えたのは頼もしかった。
CIMG0197.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»