FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類 > 認知症

認知症   2012.09.25

もの忘れが認知症に繋がるのでは、と気になり、本屋をのぞいてみたら認知症に関する本が棚を埋めている。認知症に悩む人が家族を含め多いらしい。どの本を採っていいのかわからないので時々テレビに出ている慶応病院の三村将さんの説に従う事にした。認知症のリスクは加齢のようでこれは致し方ない。日本の統計によると80代後半の夫婦だとどちらかが認知症になっている。三村説によると第一がうつ病、うつ病から認知症になる事が多いが、うつ病の予防はポジテイブ・シンキングで、よく使われる例に、コップに半分水がある客観的事実を「もう半分しか水が残っていない」と思うか、「まだ半分も水が残っている」と思うかがある。幸い「まだ・・・」と感じる方なので、これからもこれでで行こう。第二が運動、水中ウォークでよしとする。第3がダイエット、腹7分目がいいらしい。これには努力を要する。それと睡眠、これは歳をとると6時間でいいらしい。結局はあれも、これも、のこれまでの生き方で認知症は予防できると一人合点がいった。
P8140047.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»