FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2019年02月

狂言   2019.02.14

野村萬斎さんの狂言が年一回船橋市民文化ホールで開催される。ホール舞台正面に本舞台と橋かかりの能舞台が作られる。本舞台が演目により街道になったり、座敷になったり観客が見立てるところが他の舞台物にない面白さである。今回は附子(ぶす)、と小傘(こがらかさ)の二題である。番組最初にされる野村萬斎さんの解説が面白い。姿勢よく声も腹から出ていて聴き易い。演目紹介にとどまらず、ウイットに富んだトークが楽しい。小傘での尼役の演技は見事であった。年老いて腰の曲がった老女の所作は狂言ならではと感じさせる。パンフレットの語句解説がまた好い。今回は「業をする者は必ず黙る」「鹿の角の縄に成程揉む」「袖の振り合わせも他生の縁」「塵を結んでも志」 勉強になりました。
DSC_0124.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»