FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2019年01月

眼ドック   2019.01.25

昨秋運転免許更新の折、視力検査をした婦警から右が白内障のようだから早く眼科医に診てもらった方がいい、と言われた。眼科医といえば角膜移植で「神の手」と言われる名医が大学囲碁部の後輩で、2年前に左の白内障を手術してもらっている。矯正しても思うような視力が出ないと話したら、白内障の他にも調べてみましょう、と幾つも検査を受けた。片方の眼に加齢による問題があるが、心配ないとの診断である。脳ドックならぬ眼ドックを済ませたわけである。2月に白内障の手術を受ければ視力は安心である。囲碁で手が見えることを眼が早いと言う。手術で囲碁の眼が早くなれば一石二鳥である。
眼が早くなれば1秒で白先で生きが解る 柯潔:申真戦より
山下ーT

«前のページ  | HOME |  次のページ»