プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2018年03月

囲碁の勉強   2018.03.31

山下塾は週に一回土曜日の開催なので、日曜から金曜6日間の碁の勉強は自分の家で出来る棋譜並べと問題集に取り組むことを奨めている。棋譜並べは自分の好きな一手を示すことと、問題集は解答があたまに入っているか簡単なテストをする。塾生には、少しでもいいから毎日囲碁の頭を使うように言っているので、塾長も毎日囲碁脳を使うようにしている。塾生たちに出す宿題の棋譜を選ぶのにネットで調べて、、なるべく格闘技を表している棋譜を選んでいる。そのほか一人の棋士の棋譜を集め並べることを自分に義務付けることにした。今はAI囲碁の棋譜はネット上で集められ、AI囲碁が人間より強いからその棋譜を勉強するのが良いとの考えもあろう。だがAIには囲碁観があるのかどうか分からない。人間の棋士なら囲碁観は読み取れる。3月の世界のレーテイングでは朴廷桓さんがナンバーワンである。50局ほど集めた。しばらく朴さんの碁を勉強してみよう。
P3300038.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»