プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2018年02月

若松幼稚園   2018.02.05

若松幼稚園での囲碁指導は14年目に入る。指導時間40分で年中組の2月、3月から開始して卒園までに11回行う。ほかの幼稚園の指導時間は30分だから10分多いわけだが、この僅か10分の差は大きい。初めアタリの問題を出して囲碁の頭にしてから、その日のテーマを説明し次に園児同士の対局となる。40分あると対局時間は29分取れる。その間に「わからない」という園児と向かい合える。いつものようにマナーを話すとき「お願いします」「ありがとうございました」を必ず言うこと、加えて「ガッツポーズ」をしないこと」を話す。今日は3クラスのうち2クラスから、「ガッツポーズすると負けた相手に悪いから」」という言葉が返ってきた。本式ルールで打てるようになるのが年々早くなっているが、はたして今年の年中組はどうであろうか。
IMG_0008_20180209111916513.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»