プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2017年09月

インプラント   2017.09.05

8020運動というのがある。80歳で自分の歯を20本以上残そうと言う運動である。日本では8020の人が50%を越しているらしい。自分はこれまで6本欠けているので標準なのである。30数年前自転車ごと側溝に落ちて前歯を二本欠いた。その頃はインプラントは草分け時代で歯科大の友人がサファイヤを埋め込んで治療してくれた。70歳になって上奥歯二本を虫歯のため抜歯し、口腔外科の部長先生を紹介された。インプラントはもとより口腔外科の難手術はその先生が手がけることを以前より聞いていたのでその2本もインプラント治療をしてもらった。硬いものがしっかり噛めるので、いたって調子が良い。2年前に反対側の奥歯を一本虫歯で抜歯した。その手前の歯もいすれ抜くことになるのでその時インプラントを考えましょう、と言われていた。半年前にその歯を抜歯し、そのあとに2本のインプラントを入れる治療が始まった。顎に人工歯根を埋め込む手術をし、そこに義歯を被せるまで半年以上かかった。毎朝の食卓には蓮根ステーキが載る。インプラント義歯で力を入れて蓮根を噛むと、自分の歯と同じ感触である。8020ではなく8028と言ってよいと思っている。
IMG_0630.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»