プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2017年04月

交詢社:永楽倶楽部   2017.04.18

交詢社:永楽倶楽部の囲碁対抗戦は年に二回行われる。15人が3回打って勝ち星によって優勝を決める。永楽倶楽部とはいつもいい勝負である。今回は永楽倶楽部を交詢社に迎え撃つので出るように会長から頼まれた。九段で出ているので七段の相手とは2子の手合いである。二番目の相手は早稲田の囲碁部出身者である。同じ七段でも囲碁部出身者には気が抜けない。学生時代囲碁に取り組んでいると勝負に辛くなっている。スキがあるとそこをついてくる。3番目の相手との対局では中盤で「アルファ碁の一手」と言って打ってきた手が強烈で不利となったが、全勝して期待に応えらえた。アマの七段くらいになるとAI囲碁を研究している。AI囲碁に人間が負けたと感じるよりAI囲碁により囲碁が面白くなったと受け止めているファンが多いことの証しである。帰宅して王銘琬の「囲碁AI新時代」を読み返した。
散花
«前のページ  | HOME |  次のページ»