FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2015年07月

やる気   2015.07.30

真剣に囲碁を打つ会の一つにFT会(船橋市内の囲碁指導者の会)がある。そのFT会で一番負かす気で向かってくるのが中務さんである。ハンデは3子の中務さんは、碁盤の中央のとらえ方が独特で上手が気の付かない感覚で打ってくるので面白い。中務夫妻とは年に何回か夫婦ぐるみの食事会を催す。今夜は、我が家で時々出前してもらう鮨屋のちらし寿司を中務夫妻に味見してもらう会である。囲碁、音楽、植物、観賞魚等と共通の話題に事欠かず、時間があっという間に過ぎた。帰り際、中務さんが私のブログの写真に載っている陶芸作品を探している。自分の作った茶碗、お皿の類は据わりが悪いので家人は使わないが、お地蔵さんだけは時々もらってくれる人がいるので書棚にいくつか並べている。それを観に行った彼が地蔵と、囲碁対局している二人の老人の作品を持ってきた。2年ほど前、グループ展に出そうと作ったが色が思うように出ず、家人から「可笑しいから止めたほうがいい」、と止められた作品であるが、いたく気に入って持ち帰ってくれた。お世辞半分に違いない、と思うものの悪い気はしない。幾つになっても褒められるのはうれしいものだ。しばらく陶芸に気持ちが向いていなかったが、中務さんの言葉にやる気が出てきた。
«前のページ  | HOME |  次のページ»