FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2013年08月

市長表敬   2013.08.21

これまで、子ども囲碁大会の全国大会に千葉県代表として勝ち抜いた個人と団体の小、中学生を連れて、それぞれが所在する市の市長表敬をしてきた。行田中学校が見事全国準優勝を果たし、市の広報に掲載されることになったため、今日、再び松戸徹船橋市長を表敬訪問した。行田中学校の末原、仲野、深見チームは三人とも1年生である。今年全国大会に出場した中学校で選手が1年生だけのチームは福岡県の1チームと千葉県の行田中だけであり、決勝トーナメントに進んだのは行田中だけである。1年生だけでなるチームが準優勝したのは記録かもしれない。市長表敬の報告会では選手一人一人の感想と来年に向けての抱負を披露した。3人とも有段者なので試合に勝つ意欲は人後に落ちない。ただ体育会系の生徒に比べ声が小さいのは否めない。主将は山下塾の子だから、毎回論語の素読で大きな声を出すよう指導しているが、市長と大勢のプレスの前では普段の声が出ない。それでも来年は優勝すると宣言した。中学生は伸びしろが大きいので叶うかもしれない。校長先生も同席されたので、学校側の応援も大いに期待できそうだ。この3人がチームを組んで千葉県大会に出場すると知らされた時点で、行田中に囲碁部ができたら指導に行く、と校長先生に会って約束した。3人だけでなく沢山の囲碁部員が集まってこそ、選手の気持ちも高揚するだろう。
夕べの湊町
夕
«前のページ  | HOME |  次のページ»