プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2012年10月

たかが・・・されど   2012.10.31

トーナメントアマ、レッスンアマなんていう言葉はないと思うが以前はトーナメントアマの気分でいた。千葉県のアマの大会で優勝して全国大会に出るのが一年の区切りになっていて、アマ本因坊戦、アマ十傑戦が終わると一年が終わった気分になった。それだけに県大会、全国大会の前は大会に向け、連日詰碁で頭を使っていた。交詢社囲碁名人が2年前に新設され10年間名人になる、と広言を吐いてしまった。今日が3年目の試合の日である。たかが交詢社囲碁名人、されど、の気分で、予選を勝ち抜いた挑戦者が決まってから詰碁で頭を囲碁脳にすることにしてきた。電車のなか、待ち合わせの時間は読もうと買い込んだ3冊の本も読まず、もっぱらiPadの詰碁を解いていた。
今日の相手Kさんは予選では時間切れが1局、決勝の時は相手が自分からダメを詰めアタリになって勝ち上がった強運の持ち主である。最近アタリをうっかりしたことが2度3度あるのでそれだけを気を付けて対局した。結果は3番勝負で2連勝で幸いした。読みたかった本に今晩から手を伸ばせる。
CIMG3765.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»