FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2012年02月

心に太陽を唇に歌を   2012.02.28

くちびるに歌を持て、
軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、
自分のくらしに、
よしや苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌を持て。
---フライシュレンによる---
我が家にはハミングが絶えない。家人が一日中ハミングしている。ほとんどクラシック曲であるがときに童謡、稀には演歌もある。ハミングのメロディを選んだ理由を考えるのも毎日の楽しみの一つである。それが1月半ばから途絶えがちになった。延ばし延ばししていた手術が決まったからである。神の手と信じている医師が執刀を引き受けてくれたのだが、術前の説明を受けて難手術とわかる。言葉には出さないが緊張と不安で、ハミングどころではないのだろう。その代わりではないが、毎日音楽のプレゼントが届くようになった。ババの気持ちを引き立てようと、孫のCちゃんが電話口でチゴイネルワイゼンを、ここ数日はシャコンヌも加えて演奏してくれる。それをモニターにして来る日も来る日も2人して耳を傾けた。耳の肥えた家人は日によって違う音の変化を聴き分けCちゃんの体調を気遣う。医師の都合で手術が2週間延びた。Cちゃんのヴァイヨリンも2週間よけいに聴けた。Cちゃんの励ましが染みたのか、やっとハミングが戻ってきた。1と月半続いた昨夜の最後の演奏は緩急自在でゆとりのあるいい調べであった。いよいよ今日は入院日である。
P2280004.jpg