FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2011年11月

吉備真備   2011.11.07

今週金曜日、西安市・船橋市市民親善囲碁大会が開催される。20回記念の準備は殆ど出来た。記念に展示するパネルは家人が一人で取り組んでいて、18枚のパネルのうち、最初の一枚を残して全て仕上がった。その一枚には西安市囲碁団団長のコメントと主催者の挨拶文を載せることになっている。西安市側の団長は記念大会のために漢詩を作詩したそうだ。
中国人の漢詩に対抗するには日本の一番短い歌で応えようと考えた。五七五の歌である。俳句は作ったことがないので、川柳にした。”真備より時空を超えし烏鷺の路”吉備真備が唐の都、長安(今の西安)で中国の名人と囲碁を打ったことに因んでの句である。開会式の挨拶にも吉備真備の古事を引用し、懇親会ではこの川柳を吟じようと思っている。
東京って高いな
CIMG2822.jpg


«前のページ  | HOME |  次のページ»