プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2011年06月

幼稚舎囲碁指導   2011.06.30

 慶應義塾幼稚舎4年生のクラスで久々の囲碁授業である。いつものとおり慶大囲碁部員が二人手伝ってくれた。
玄関で久しぶりに舎長と顔を合わせ、挨拶した。囲碁指導は2年生の時以来だが、生徒もこちらも顔を覚えている。いつも始めと終わりの挨拶をするときアイ・コンタクトで生徒の顔をよく見ているのが役に立つ。事前の打ち合わせが十分でなかったので全員19路盤を用意している。19路盤だと40分事業では打ちきれない。説明もそこそこに対局してもらう。終局まで打てたのは一組だけであった。次回は夏休み明けである。夏休み中にお祖父さんと打つこともあると思いシチョウを詳しく解説しておいた。「シチョウ知らずに碁を打つな」、大人と打つうえで最初に身につけることである。夏休みで何人くらいお祖父さん、お祖母さんと打ったか聞いてみよう。
 幼稚舎の指導ではそこここに福沢先生の写真が飾ってあるので身が引き締まる。
«前のページ  | HOME |  次のページ»