プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2011年05月

将棋   2011.05.31

 今日は将棋に縁のある日である。八千代から家に帰ったら第69期将棋名人戦5局1日目が放映されている。つい放送時間一杯まで観てしまう。それからコナミスポーツで泳いで帰ったらクローズアップ現代で中国の将棋天才少女を取り上げていた。「中国では将棋熱が高まり、学校の授業にも取り入れられるほどの人気が出ている。一人っ子政策で受験競争が過熱するなか、脳力アップになると期待されているのが大きな理由だが、さらに「お願いします」で始まり、「負けました」で終わる礼儀作法も、文化大革命で失われた儒教の精神を体現していると注目されている」と解説にある。家に帰る前には北福祉センター協議会の場で知り合ったセンター将棋部部長から相談の電話があった。前にふなばし囲碁協会の現状を説明し、将棋も船橋市に将棋協会を創ったらと奨めていた。それを受けてか、市内の三つの将棋グループと交流戦をやる運びになった。ついてはどう組織するか知恵を貸せと言うことである。市内小中学校では殆ど囲碁将棋クラブの名称である。囲碁と将棋の指導者が手を取り合えば小中学校に囲碁・将棋熱が必ず広がる。
やりましょうと意気が合った。
八千代にて
CIMG2366.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»