FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2010年04月

楽しく、為になる   2010.04.28

囲碁交流で中国に行っている間になんと陶芸教室の役員になっていた。
船橋市北福祉センター陶芸教室は10数年の歴史があるが、行政の指導もあり新しく陶芸クラブが発足した。
3班80名である。1班は2年以内の初心者クラス、2,3班は経験者のクラスである。
陶芸2年目なので当然1班に入っている。その1班の代表に決められたということだ。手を上げる人がおらず推薦されたと説明された。
今日、3つの班から選ばれた6人の役員が集まり部長1、副部長3、会計1、監査1を決めることになった。
ここでまた推挙され、場の雰囲気から部長を引き受けざるをえなくなった。10数年のベテランがいる中でたった2年の経験者がまとめ役とは?
プロ野球で言えば2軍の経験しかないのが1軍のヘッドコーチになるようなものである。
陶芸に関しては知らないことばかりで恥をかくことになろう。
今回陶芸クラブは新しい発足である。これまでの知恵は生かすとしても新しい出発となれば慣例より新しい視点での
判断が優先されなければならない。それなら2軍選手にも勤まるであろう。
”楽しく、為になる”会に育って欲しい。

中国棋院で売っていた陶器人形
碁打ち人形