プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2010年01月

ボード碁2   2010.01.31

オール慶應囲碁の会の役員会、新年碁会があった。
今回の打ち合わせで主なものは3月に来日する韓国延世大学囲碁団の歓迎である。
次いで全会員の交流を盛んにするにはどうするかが話し合われた。
会員が集まれるのは12月のオール早慶戦と5月の碁会である。
会員が日常的に交流するにはインターネットを活用せざるを得ない。
ネット対局とボード碁であるがネット対局は集まりが悪い。
その点ボード碁は賑わっている。
いま80局くらい対局している。
ボード碁を6グループと打っているが、当会のグループが一番賑わっている。
顔が浮かぶ相手と時間を気にしないで打てるのが一番の魅力であろう。
今日級位者のI役員にボード碁に入ってもらった。1日でハマッタと言う。
Iさんを中心に当会の級位者に流行りだしたら、指導するのに楽である、
高段者にボード碁を打たせれば、一人で十人位はボード碁で指導は可能になる。
社会人の初級者グループとボード碁で指導している。
形の悪い手、意味のない手を打ってきたときは正しい形の手に打ち変えている。
初心者があっという間に初級者、中級車になった。
ボード碁は忙しい人向けの最適な指導ツールである。
アイリス
«前のページ  | HOME |  次のページ»