プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2009年12月

   2009.12.31

今年を振り返ると、これまでになく新しいことに挑戦した。
写真、水泳、陶芸、鑑賞魚などである。
写真は同窓の先輩の指導である。今迄ただ自分の好きな枠で風景を撮っていたが、それは初歩の初歩とわかった。
カメラも新しくしたことだし、来年は写真展に挑戦しようと思う。
水泳は隣にあるコナミスポーツのHコーチの指導である。休館日以外の毎日泳ぐようになるとは思わなかった。
6名ほどいるコーチの中でHコーチとの相性が良いのか。
陶芸は市のセンターに申し込んでたまたま入ることができた教室である。
原島講師の心配りにより少しずつ陶芸の面白さに触れてきた。時間があると土をこねたくなるから不思議である。
鑑賞魚は京葉熱帯魚オーナーが楽しみを次々に教えてくれる。来年の楽しみはランチュウとミユキメダカの繁殖である。
教わることが多かったので、教わる側の気持ちが良く理解できた。
これからの囲碁指導に幅ができてくるはずである。
残念なのは大切な友人を亡くしたこと。
NPO法人囲碁文化継承の会の右腕であった福島君、50歳で会社を興したときに世話になった村上君、中国西安市の20年来の棋友方さん、友人ではないが囲碁の師匠梶原先生、一番好きな棋士秀行先生、高校生からの知己であったプロ棋士安倍さん、一人ひとりの思い出は尽きない。
次なる世で逢えたらと思う。

大晦日の影富士
大晦日
«前のページ  | HOME |  次のページ»