FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2009年11月

千葉県囲碁早慶戦   2009.11.29

早慶戦といえば野球、ラグビー、レガッタ、アメフト等などスポーツが代表格だが、囲碁にも早慶戦がある。
因みに囲碁オール早慶戦は40年以上の歴史がある。
千葉県に限っては、慶應囲碁部OB会の会長を務めていた4年前に、早稲田囲碁部OB会の会長宮崎氏も千葉県柏市に住んでいることから千葉県囲碁早慶戦をやりましょう、と提案して実現した。
両校10名づつで2回戦戦い勝ち負けを決めている。
第一回は慶應が囲碁部出身者をそろえたので圧勝した。
早稲田側から囲碁部出身者は1名か2名にしてほしいと泣きがはいり、そのあと3連敗している。
今日は雪辱を期したが残念ながら5勝16敗の大差で負けた。
これまで会長は審判役であったが、見ているだけでなく二人も戦えとの声に押され、今日は対局した。
彼とは学生時代大学囲碁リーグ戦でよく当たっていた。負けた記憶は無い。
卒業してだいぶ経ってからオール早慶戦であたり、負けたところ柏の方から「山下に勝った」と自慢している声が聞こえてきた。
おかしなものでこういう相手には負けたくない。
今日はいつもの早打ちでなくじっくり考えて打った。
出来がよく完勝であった。
完勝譜を添付したいところだが、「囲碁は勝ってもガッツポーズしない」といつも子供たちに言っているので差し控える。
やはり勝つことは気持ちが良いものだ。
千葉早慶戦
«前のページ  | HOME |  次のページ»