プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 医療

健康チェック   2016.10.03

呼吸器のチェックのため3か月に一回八千代医療センターに行く。簡単な診察は受けるが最近は予防薬をもらいに行くだけになっている。国の方針らしいが、近頃無駄な検査はしない方向になってきている。ちょっと前は病院が違うとその都度同じ検査を受けることが多かった。最近は一か所の病院で血液検査を受けるとその結果を持参することで済むようになった。また薬の処方も毎回同じでなく減らすようになってきている。服用しないで溜まった薬を処方から減らすよう、薬剤師から医師に連絡も可能と処方箋薬局で聞いた。患者一人一人が処方、検査に配慮して医療費削減に協力すべき、と思う。
IMG_7791.jpg

インプラント   2016.09.18

4本目の歯を抜いた。これまで右の奥歯を二本抜き、左の奥歯を一本抜いている。右には2本のインプラントが入っている。インプラントが上手くいかなくて苦労している友人がいるが、7、8年経っても何のトラブルもないし自分の歯と同じように噛めてメンテナンスが楽だから左もインプラントにすることにした。一本にするか二本にするかは未だ決まっていない。晩酌をやらない代り、といっては可笑しいが、お茶の時間には虎屋の羊羹、大福餅、煎餅などが出てくる事が多い。美味しい大福に出会うと日身(カミ)さんはまとめ買いして冷凍する。信じられなかったが半解凍の堅い大福餅も意外と美味しいことが分かった。米粒の煎餅もコチコチの固さである。普通の入れ歯ではとても歯が立たないだろう。インプラントにしてよかったと思う瞬間である。。奥歯に力を入れて食べるのは脳の活性化にも良いと聞く。年末には左右の奥歯で噛みしめることができる。
岩

卒業   2016.07.16

「卒業おめでとうございます」、診察後、看護師から計算書を受け取った時のことである。3年程前の年末、塾生OBの父兄に不整脈の相談をしたところ、ここの病院長を紹介され即ステント留置手術をしてもらって以来定期的に検査と薬の受取りに通っていた。つい最近歩いて5、6分のところにある医院が院外処方に替えたことを知った。この医院には循環器内科の先生がいらっしゃるのに残念ながら処方薬の一部が揃わないため手術した遠くの病院に通わざるを得ないという経緯があった。担当医とは冗談が言えるほど馬が合っていたので顔を観られなくなるのは寂しいが縁が切れたわけではない。地元の医院に戻るだけのことだが遠い病院から卒業、と言われると病気も卒業した気分になり身も心も軽く感じるから可笑しい。
住んでいるマンション
IMG_0138.jpg

医療費   2016.05.09

朝起きたら目ヤニで目が明かない。これくらいなら一日に何回も目を洗ったら治ると思うが、連休明けで子供たちの指導が続いている。ウイルス性結膜炎だとしたら教えに行けない。病院は連休明けで大分待ったが検査は短時間で陰性と出た。目薬を貰い次の予約も必要なくほっとした。検査料、薬代は健康保険を使って千円ちょっとである。たかが目ヤニでその何倍もの金額の税金を使った気おくれはあるが、日本に生れた幸せを実感した。
IMG_0064.jpg

レンコン   2016.03.25

病室から眺めるとワンウエイで回れるゴルフ場が珍しいので会員になっていたホワイトバーチゴルフクラブ(今はワンウエイゴルフクラブ)が見える。予定された検査は全て済んだので4日ぶりに散歩に出かけた。少し冷たい空気だが、快晴で気持ちが良い。窓から見ていて水田と思っていたところが蓮根畑であった。喘息予防には蓮根が良いと聞いた家人が毎日必ず蓮根料理を食卓に並べてくれる。船橋地方市場の卸業者から箱で買ってくるのはここ霞ヶ浦産の蓮根である。丁度農作業している人と話ができた。この時期は来年のために種芋を作付している最中である。一番困っているのは霞ケ浦に飛来する鴨の被害と言う。3月末に北へ帰るまで相当な被害額、と嘆いていた。胸まで浸かってする作付作業を目の当たりにして明日からは心して味わおうと思った。土浦の病院を選んでレンコンの味わいが増す、とは思わぬ副産物である。
レンコン
«前のページ  | HOME |  次のページ»