プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 人との関わり

菊ちゃん祭   2018.02.14

改装なった日本棋院二階で菊池康郎さんの米寿のお祝い「菊ちゃん祭り」が開催された。緑星学園出身の山下啓吾さん他十数人のプロ棋士が勢揃いしている。間に棋友氣賀康夫さんの手品、お笑いコンビなどの色物が入っている。このコンビの突込み役の方が動物愛護の延長からベジタリアンで、動物の毛皮で創ったものも使わないと言う。囲碁は嗜むが白石の蛤が貝なので悩んでいると話す。お笑いコンビは「インゴ」と聞こえたので舞台を降りた二人と名刺交換したら「INGO」ではなく「MINGO:眠碁」であった。碁石は蛤にためらいがあるならガラス碁石を使うといい、と助言し、名前に碁が入っているのでこれから応援します、と伝えた。このコンビには努力を重ねてテレビで見られるようになってほしい。
DSC_0056.jpg

旧友との別れ   2018.02.07

高校からの友人田中君が5日に逝った。高校、大学、社会人、リタイアしてからも続いた友人である。囲碁は高校で同じクラスになった時に教えた。勝負事に才があり、あっという間に強くなった。大学時代は麻雀の方に行ったが、囲碁部に入っていれば選手にはなった碁才の持ち主である。麻雀は理論派ではなく動物的な感の良い雀風である。学生時代は学生は相手にしてくれないので、遊び人風の連中と打っていた。社会人になってからは一晩で月給の5倍くらい動く麻雀を打っていた。リタイアしてからは囲碁の会の幹事を引き受け名幹事役であった。ガンで余命5年と言われていたのを10年生き抜いた。晩年は歩くのもままならない状況でも電車、エスカレーター、エレベーターを使い鎌倉から横浜まで囲碁を打ちに来ていた。最後となった昨年末の電話は「囲碁が打ちたい」、であった。大切な仲間がまた一人消えてしまった。
通夜に大学囲碁部同期と鎌倉碁会所席亭との連碁で彼を追悼した。
DSC_0049.jpg

おもてなし   2018.01.15

船橋幼稚園新年最初の指導では、3クラスとも「おめでとうございます、今年もよろしくお願いします」と挨拶してくれた。そこで「おもてなし」って言葉知っている?と聞いてみたら、知らない子のほうが多かった。「おもてなし」は東京オリンピック誘致の時につかわれて流行語大賞に選ばれたが、元来仏教の布施から来ている。船橋幼稚園は仏教寺院が母体である。12月に来た時咳き込んで話せなくなったことあったよね、その時に担任の先生がすぐに教室を出てお茶を淹れてきてくれました。次のクラスでは、副園長からそんな時にはお茶より水が良い、と教えられて今度は水を運んできてくれました。本当に嬉しかったです。誰かが困っているときに心のこもったことをしてあげるって善いことですね。皆さんはそんな先生たちに囲まれていて幸いだと思います、と話した。園児何人が家に帰って「おもてなし」を覚えた、と言ってくれるか。
IMG_0816.jpg

年賀状   2018.01.02

印刷だけのもの、今回が最後と記されたもの、新年の所感を細かく書いたもの、最近の過ごし方が書かれているもの等など色々な年賀状を頂いた。山下塾OBの親からの一通には、息子が結婚するまで元気でいて、と書かれてあった。それはそうと二十数年振りに届いた年賀状がある。懐かしくて電話をかけてみた。30年近く空白があるのに電話の向こうの声と話しぶりを耳にした瞬間、まるで昨日まで話していたかのような感覚がした。声の質が年をとっても変っていないことと、声の記憶が自分の耳に正確に残っていたからだろう。真偽のほどは分からないが、「ご臨終です」と医師から宣告されても耳だけは暫く聴こえているから悪口を言ってはいけない、と聞いたことがあるが、生きている者も五感のうちで聴覚の記憶が鮮明に残っているということは新しい発見である。
IMG_0002_20180102121129ce5.jpg

忖度   2017.12.28

家族から訃報の連絡を受けた際、頼まれない限り自分から訃報を他に回さないことにしている。中村秀さんの訃報についてもそのつもりであったが、中村さんの気持ちを忖度すると、知らせた方が良いと思う人が一人だけ浮かんだ。棋士大竹英雄さんである。中村さんは木谷会で大竹さんが子供のころからの付き合いがあり、大竹さんを一番尊敬していた。また大竹さんが松戸に立ち寄ると囲碁仲間を集め食事会を催していた。言葉を添えて大竹さんに中村さんの訃報をFAXした。間を置かず、所用で参列はできないが、お世話になったので生花と弔電を送るとの電話が入った。大竹さんには気を遣わせてしまったが、中村さんの気持ちに添えたと思っている。
CIMG4791.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»