プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 自衛隊

納涼夏祭り   2014.08.02

自衛隊習志野駐屯地の空挺部隊の幹部に縁ができ、駐屯地納涼夏まつりに行った。前の住いは前原で地続きのようなところだったので、夏まつり、桜まつりには何度か来ている。ところが20年前とは祭りの雰囲気が様変わりしている。屋台で色々な食べ物の店が出ているのは変わらないが、若い家族向けの展示物があり、若い女性が目立つ。結婚相手に自衛隊員の人気が上がっていると聞くが、さもありなんと感じる。知遇を得た幹部のテントに行くと、l若い部下たちと歓談していて、部下の隊員からj缶ビールとつまみを振舞われた。頼もしそうな一人の隊員は幹部学校に2年間進むと聞いた。学校に行くと、学ぶことが多く忙しいだろうが、勉強につかれた頭を囲碁で癒すことも「あり」、なのでINGO(ingo-web)で弟子になりなさいと強く勧めた。「家庭に囲碁を」、に次いで「自衛隊に囲碁を」、も秘かな願いである。
自衛隊

自衛隊訪問   2014.02.11

自衛隊の応援団というわけではないが、下総基地の「翼の会」と習志野基地のラグビー応援団の会員となっている。新春の習志野基地の初降下式に行くつもりであったが、健康検査のため行けなかった。その埋め合わせというわけではないが、午後習志野基地の幹部を訪問した。この幹部はイラク派遣、東日本大震災での現場の指揮者である。穏やかな話しぶりだが、軍人としての骨太さを感じる。スムーズな話ができたので、自衛隊内での囲碁普及についてお願いした。遠くは信長、秀吉、家康等の武将たちが囲碁の愛好家であったこと、韓国が総人口に比して囲碁人口が世界一である理由は、軍隊で囲碁を覚えるからであること等々を話し、自衛隊での囲碁普及を手がけてみたい、と話した。会った幹部が囲碁を始めてくれるようなので、指導に結びつけばやりがいがある。
空挺

富士総合火力演習   2013.08.24

今年の富士総合火力演習はガルパン人気で、一般募集で見学できるのは19倍と聞いていた。おりしも「翼の会」に応募したら運よく参加できることになった。2時半起床である。家人が先に起きて用意してくれた朝食を軽くとり、集合地の下総基地まで車を走らせ、4時出発に間に合った。地面に自衛隊のシートを敷き、縦、横ぎっしり詰められての見学である。旅行用クッションを持参したものの足が痺れてくる。炎天下3時間待って演習開始である。演習の規模としては人員2400名、戦車、装甲車80両、各種火砲50両、航空機30機、その他車両600台、の国内最大規模の演習である。実弾射撃演習は迫力満点であった。一番人気は10式戦車で、戦車砲の砲弾音は耳をつんざくばかりの大音響だ。演習は前段、後段で構成されており、後段では敵の離島侵攻を想定し陸海空自衛隊の総合作戦で敵殲滅の演習である。素人眼には日本を守る実力は十分にあると思えた。核戦争になれば別だが、通常の戦争の抑止力は十分備えているように感じた。
自衛隊

翼の会   2013.04.19

過日、H氏に誘われて海上自衛隊下総基地の翼の会に入会したところ、創立15周年記念総会の案内が来たので出席した。高柳駅から送迎バスが用意されていたが乗り損ねた。路線バスの時刻表を見ると1時間に2本しかなく出たばかりである。タクシー乗り場に戻るのも面倒なので、エイッとばかり歩くことにした。途中、ガソリンスタンドでドライバーに路を聞くと、信号二つを右に曲がると直ぐに正門がある、と教えくれた。運転する人の信号二つが長いとは分からなかった。速足でたっぷり40分かかり、やっと着いた。苦あれば楽ありとか、海上自衛隊哨戒機P3Cに体験乗機させてもらった。乗機前の説明でP3Cの能力と昼夜を問わず日本領海を守っている状況を聴いた。おまけに、飛行中コックピットで臨場感のある動画、写真を撮らせてもらった。面白かったぁ~
p3c.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»