FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > パソコン

嫁入り先   2020.07.08

購入した新しいスペックのパソコンが納品されるのは8月上旬である。デスクトップパソコン2台は必要ない。廃棄するにもそれなりの方法を考えなければいけない。買って3年程だから中古屋に持って行けば引き取ってはくれるだろう。ただネットでの買い物や金融取引をしているので個人情報が漏れるのも心配である。何人か使ってくれそうな人を頭に浮かべた。最初にもらってくれる?と話したのがT君である。今はパソコンなどよりスマホで殆ど用が足りるらしい。でもネット山下塾に使う、と返事が来た。安心の嫁入り先が決まりホッとした。

データ抹消   2020.06.30

新しいもの好きは父親から引き継いだようである。戦後まだ珍しかったレコードプレィヤーやテレビなど分不相応なものが家にあったと思う。仕事場が秋葉原にあったことも大きいが、パソコンは出始めて直ぐに買った。買うのは早いが使い方はいまだに初心者の域を脱していないと思っている。手元にあるパソコンはデスクトップが2台、ノートパソコンが3台ある。ノートパソコンは場所を取らないがデスクトップとなると机上に2台が精一杯である。最強のAI囲碁と対局できる新しいパソコンが来たら1台を破棄しなければならない。物理的にデーターを消すにはメモリー部を取り出して水槽に漬けるとか、トンカチでたたけばいいのだろうが部品が飛び散って怪我をしてはつまらない。ものによってはガスが出る可能性もあるらしい。破棄、処分するソフトを調べたら、これには幾つもあって、どれを選べばよいかなかなか難しい。この業界大手2社のうちJUNGLE社のソフトを購入してみた。米国国防省準拠方式というのを使って抹消したら28時間かかった。それでも日身さんは危ないと言っているので、廃棄するにはやはり物理的手段をとってからにしないとダメかもしれない。これでは何のために抹消ソフトを買ったのか分からない。

IMG_9311.jpg

パソコンスペック   2020.06.29

AI囲碁が2016年に韓国棋士李世石九段に賞金100万ドルの勝負をして4-1で勝ち、2017年には人類最強棋士といわれた中国棋士柯潔九段に賞金150万ドルの勝負をして3-0で勝利、完全に人類を抜いたと証明された。この時は分散コンピューテイングといい、複数のコンピューターを並列しての組み立てであった。パソコンで使えるAI囲碁でもプロ棋士が4子のハンデでも勝てないとされてきている。パソコンのスペックが高いほど強くなる。AI囲碁の研究者が今のAI囲碁の強さを引き出すパソコンのスペックCPU,GTX,メモリ、SSD・・・・・などなどを書いている。この道で敬愛する馬渕さんに聞いたところ、GTX1660以上なら1子は強くなる、と答えてくれた。パソコンを買い替える予算の範囲内でよりスペックの上のパソコンを調べるのに3日費やした。決めたパソコンは即納ではなく3週間後に納品される。新しいパソコンが到着したらAI囲碁の強さがどれくらいなのか、挑戦するつもりである。それまでしばらくは手持ちパソコンでAI囲碁との真剣勝負をしている。

IMG_9348_20200706155403186.jpg

リモートアクセス   2020.06.18

パソコン初心者の頃には土屋さんに遠隔操作で教えてもらったことがあった。日身さんは分からないことは専らメーカーのサポートで解決している。ネット山下塾は当初から家の一番古いパソコンを使っていたが画像がぼやけるので一番新しいパソコンを使うことにしたところ塾生の声がよく聞き取れない。半日あれこれやってみたが素人の悲しさでどうにも解決しない。ネット囲碁学園の方さんに相談したところ、HPに遠隔操作ができるサイトがある、と教えられ、いとも簡単に解決した。梅雨の晴れ間に虹を観たような、しあわせな気分である。
DSC_1406.jpg


サポート   2019.12.01

パソコンを使っていて便利なソフトに出うと、つい飛びついてしまうのだが、すべて使えるわけではない。最近、一番良いと思ったのは写真のぼかしである。写真を張り付ける時に、ぼかしたほうが良いことがたまにある。今まで人に頼んでいたのを自分でできるよになった。ソフトをよく買うのはS社である。10年近い付き合いである。久々、前に購入したソフトを使おう思いアクセスしたのだがPWをうっかり間違えたら、これまで買ったソフトが全く使えなくなった。シリアル番号がわからないのである。サポートセンターの電話が不明なのでメールを送ったが返事が来ない。何十本かのソフトが使えない、と、ほぼ諦めかけたていた。念のためと思いもう一度メールをした。返事が来て確認のためにアドレスを聞かれ、これまで使っているアドレスを送ったが、どれも違っているとのこと。手帳を出して以前使っていたアドレスをいくつか送ったら、そのうちの一つがヒットした。本人確認が取れ、購入したソフトが使えるようになった。これからもS社を贔屓にしよう。
«前のページ  | HOME |  次のページ»