FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 運転

運転免許更新   2018.10.17

運転免許更新には認知機能検査と高齢者講習が義務づけられている。認知機能検査は厳しくなっており点数によっては講習時間が2時間と3時間に分けられる。3時間講習と言われたら免許返納を考えなくていけない。また3年前に一度受けた検査より自分の点数が少ないようなら認知機能が衰えていると考えられるのでこれも返納を考えなくては、と思う。幸い家族は一人も返納せよと言わないので日常的には認知機能は衰えてはいないのだろう。昨日の検査の肝は16枚の絵を見せられて、それを幾つ覚えているかを検査するもの。前回は16枚全部は思い出せなかったが、今回は全て覚えていた。来月の高齢者講習では運転技量で運転年齢が判定される。こちらも前回との比較でどう出るのか、お楽しみである。

日本料理文化   2018.10.16

日本棋院の非公式なタイトルであるが、棋戦のスポンサーに名乗り出た慶應義塾大学の後輩に神楽坂の日本料理店に案内された。素材をいくつか組み合わせた料理が次々に運ばれてくる。しかも料理に合った日本酒を亭主が選んで料理ごとに変えて出される。銘柄は日本中の銘酒30種余があり、料理と日本酒の取り合わせの妙を解説してくれる。飲み干すと傍のお冷を飲み、杯を取り換えて注いでくれる。料理も素材を組み合わせて深い味を出している。神楽坂には著名な日本料理店はあるが2ランク上の日本酒を味わうならこの店かと思う。

新車   2018.10.07

待っていた納車の日が来た。これまで車を替える時にはさして説明は聞かず鍵を受け取ってすぐに乗っていた。今回は納車式とでもいうのか、客の心をくすぐる販売店の儀式が待っていた。豪華な花束贈呈に続き、巨大なキーを両手に持って車の前で記念撮影をされる。前の車を下取りに出してから40日間、車の無い生活をする筈であった。いづれ訪れる免許証返納後の予行の意味ととらえてもいた。ところが、何度も娘に送迎してもらった挙句、後半はハイブリッドの国産車に慣れるよう、殆どこちらに置いていてくれた。おかげで運転に何の不安もない。待っていた甲斐があった。心が躍っている。
DSCPDC_0003_BURST20181007140535573_COVER.jpg

新車   2018.07.13

来月に3年目の車検を受けるか、車を乗り換えるか迷っていた。同年配では運転免許証を返納している者が多くなっている。ありがたいことに我が家族はヤメテ、とは言わない。ただ安全運転には気を遣うように心配はしているので、最新の安全運転システムが繰り込まれたものに乗り換えよう、と思い始めた。がっちりした造りのドイツ車に三台乗ってきたが、年配者は軽自動車にするのも一つの考え方である。二人乗り、四人乗りのスマートに始まり、スバル、日産、トヨタと観て試乗してみると、どれも魅力的で目移りする。健康が許せばあと五年は運転してみたい。安全装置がそう変わらないのなら乗りたいと思う車にしたほうがいい、という日身さんと娘に後押しされて、レクサスに決めた。街乗りには贅沢な感じだが、一度乗ってみたい車ではある。
DSC_0259.jpg

サポートセンター   2018.04.20

運転しだしたら計器に見慣れないランプがついた。赤い色ではないので注意信号ではないと思ったが車を止めて代理店の担当者に電話した。留守電になったのでメーカーB社のサポートセンターに電話した。車種を言いランプのついている計器の場所、形、色を説明すると運転している感じはどんなかと問われ、普段通りと答えたら、問題ありません。ただそのランプは時間がたてば消えるものではないので要件が終わったら代理店に連絡するように言われた。今はサポートセンターはどんな業種の商品でもしっかり対応している。ただし直ぐに電話で話せるかと言えばそうでもない。B社はすぐに電話が通じ問題が解決した。B社の車は安全性では一番、と気に入っていたがサポートでも一番かな、と思った。さて、これまで車検ごとに車種を変えていたが今度は車検に出すことにしよう。
IMG_8140.jpg


«前のページ  | HOME |  次のページ»