プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 暮らし

短足率   2017.06.19

父の日に息子と娘からシャツをプレゼントされた。定番のPoloのシャツである。Poloのシャツは着きれないくらい溜まっているのでせいぜい着ないといけない。新しい年のポロシャツは袖の番号が違うので今年の製品かどうか分かるらしい。船橋駅にある東武デパートのPolo売り場は今夏で閉じると聞いている。日身さんと色違いのシャツを見に行った。薄ピンクと薄紫の長袖が、買ってください、とばかりに並んでいたので購入した。肩幅はあっているが袖丈が長い。店長がサイズを測り、身長と比較して計算すると標準より4.3%短い。手と足の長さが比例するとしたら、短足率が出そうである。鏡を見て4.3%に納得した。
世界最古のジェラシックツリー
ジェラシックツリー

図書館   2017.04.20

知人から都内の図書館で囲碁入門講座をやらないか、と話が来た。頼めば越後から米搗きに・・・ではないが、囲碁の入門講座と聞けば即座に「ハイ」と答えることにしている。図書館とは私語厳禁、飲食禁止とひたすら静かに本を読む場所かと心得ていたが、昨今は様変わりらしい。食育、美容、健康に関するイベントどころか、音楽ダンスが出来るスタジオ、ボルタリングの人工壁まであるようだ。20人づつの2回の講座ということで、都内で40人と囲碁の縁が出来ることになる。もしかするとこの図書館で囲碁を楽しむ場が生まれるかもしれないと思うとなにやらわくわくしてきた。
IMG_0322.jpg

春富士   2017.04.12

朝6時過ぎに目覚めると先ずは海を遠望する。風の具合は遠くの煙突からでる白い煙で見当が付く。次に京葉道路と湾岸道路上り下りの車の流れを見る。ふと見ると春には珍しく富士山が見える。この時期にこれほどきれいに見えるのは珍しい。冬の富士は屹立している感じで厳しさを感じるが、春の富士は同じ山かと思うほどほんのり柔らかい雰囲気である。近くに目を落とすとマンションの庭に植えられている桜が丁度満開である。こんな景色を見ていると「今日も元気で!」、という気が湧いてくる。
fuji_20170414110144cc8.jpg

定宿   2017.03.31

昨日新国立美術館の絵画展を梯子して国際文化会館に泊った。春休み中の孫娘と一緒で、仕事先から娘も合流した。名庭園の桜が3分咲きで、観桜会のため庭園がライトアップされている。同時に何かの国際シンポが開催されていて、夕食会の時間だったから、いつもより賑やかである。国連で活躍した明石さん、緒方さんとすれ違った。そういえば明石さんはこの会館の理事長である。朝食はビュフェスタイルで庭園を180度見下ろせるレストランで摂る。40席ほどのこじんまりしたところだが、リゾートホテルと違い子供が飛び交ってワサワサしていないところがいい。隣りの席でエタニエフ首相が、とか、日銀がどうだ、とかの会話が聞こえたので貌をみたらテレビでよく見かける経済学者である。そんな会話を耳にしながら食べていたら、いつもの朝食の倍は食べてしまった。やはりこの齢でバイキングはよくない。昼食は抜くことにする。
IMG_0363.jpg

時間厳守   2017.03.24

日韓大学囲碁交流のパーテイで、延世大学の総長が毎年四大学の総長塾長が集まりミレニアムフォーラムを開催して関係強化を図っているが、囲碁交流もそれに参加するよう提案してみる、と話していた。その話を事前に慶應義塾塾長に報告しておこう、と10時半に時間を頂いていた。予定を入れた直後に自分のミスに気付いたが、多忙な塾長の予定を変えることはできない。昨日白内障手術をして左目には大きなガーゼがかぶさっている。病院に一番に行って外してもらわなければ人様に会えたものではない。市川の病院で9時一番に診察、会計を済ませて三田キャンパスまで遅刻せずに行くには一人では無理筋である。しかも診察が9時半を過ぎてしまった。流石に慌てた。日身さんが会計を済ませている間、移動に娘が奮闘した。乘るべき電車の時刻、田町のタクシー乗り場の位置を調べてもらっていたお蔭で、間一髪滑り込みセーフであった。日身さんも娘もさぞハラハラしたことであろう。持つべきは家族である。
慶應
«前のページ  | HOME |  次のページ»