FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 暮らし

花見2   2020.03.25

隣接する習志野市の桜名所は実籾本郷公園、香澄公園、谷津公園、それに鷺沼城址公園あたりである。昨日とうって変わり雲一つない花見日和、娘と孫娘にいざなわれ香澄公園と鷺沼城址公園を巡った。どちらも花は7、8分である。香澄公園はバーベキュー炉が幾つも設置されており、広大な埋め立て地の一角に立地する市民憩いの公園である。鷺沼城址公園はいわゆる舌状台地にあり、古墳も残されていて周辺の住民には馴染みの場所である。それほど広くない敷地に沿って桜の古木があり、特に人が退いた夕暮れ時の風情は夢か現か、幻か、めまいがして吸い込まれそうになる。かれこれ十八、九年前になるのか、歩きはじめたばかりの孫娘がここでハラハラ落ちてくる花びらを追いかけていた姿が瞼に浮かぶ。その孫娘が今、スマホで桜を撮る合間に我々二人の写真を撮っている。二人だけのスナップはそれほど残っていない。なかなか面白いツーショットがあった。これはよい記念になりそうだ。思いもよらぬ、こんな贅沢なひとときを過ごせたのも、コロナ感染予防でオケ部の練習や合宿が自粛になったからで、お陰でわれわれには望外のプレゼントであった。

浅見喜舟先生揮毫
IMG_9195.jpg

花見   2020.03.24

ことしは桜の開花が早い。船橋市内の桜の名所で毎年楽しみにしているのは海老川の桜である。強風のうえ冬に逆戻りしたような寒さであったが、それでもカメラを担いで出かけた。いつもこの時期になると屋台が沢山出るものだが、今年は一軒の出店もない。新型コロナの影響で規制がかかっているのかもしれない。花見は賑やかなほど気分が出るものだ。海老川の桜は五分咲き、満開、落花のころ、と三度来て楽しみたい。それぞれに風情があるからだ。今年はぜひ落花の時期を撮りたいと思っている。それに落花で埋め尽くされた桜色の絨毯のうえを歩いてみよう。これを楽しむには早起きして朝6時頃に着くのが最適である。
海老川


書面開催   2020.03.11

新型コロナウイルス流行により3月中の集まりが全てキャンセルとなった。4月の集まりをどうするか迷う時期になっている。ふなばし囲碁協会総会は4月18日の予定である。例年はひと月前に案内を出しているので取り敢えず案内状でを発送するようにした。さて実際に開催できるかどうかは状況による。開催場所の公民館は3月中閉館となっており、4月にずれ込む公算大である。協会では年間事業を組んでいるので総会の議決は必須である。開催できないとなると書面での開催となろう。書面開催となると役員会で書面開催の決を採り会員からの議決は過半数では問題かもしれない。おそらく市内の文化団体でも同様な問題を抱えていると思われる。所轄の市役所文化課に問い合わせることになろう。
IMG_9162.jpg

贅沢な一日   2020.03.09

ネット山下塾のセットは8時半から取り掛かる。12時までは指導碁、塾生同士の組み合わせと手合い割に掛かりきりになり、トイレにも行けない。座りきりで躰が固まったので昼食後ゴルフセットの試し打ちに出かけた。空いていると思いきやシニアだけでなく年齢が下の世代もかなりいていつもより混んでいる。終わってコナミスポーツに出かけた、こちらのジムは常より少なく、まったく自分のペースで一通りの機械をこなせた。ガラス越しにプールを見るとガラガラである。何年振りか、誰にも遠慮せず丸まる一コースを独占して泳いだ。世の中は自粛ムードであるが、まことに贅沢な思いをさせてもらっている。

ネットで打ちながらの食事
DSC_1197_2.jpg

マスク   2020.02.20

新型コロナウイルスの流行でマスクが払底している。中国で量産されている様子がテレビで紹介されている。日本でも1億枚の生産体制が整えられたとある。中国との囲碁交流で助力を頂いている李青海さんから、西安市囲碁協会秘書長の李剛毅さんが手元にマスクの在庫があるので不足している日本の山下に送りたいと言ってきた、と電話を貰った。本場の中国ではもっと不足しているだろうに日本の友人に送ってくれるという配慮が嬉しい。幸い我が家にまだマスクの余裕があるのでありがたく気持ちを頂いた。囲碁で培われた友情に心から感謝である。

ume 2
«前のページ  | HOME |  次のページ»