FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 教育

奥地圭子さん   2019.08.27

夏休み明けの2学期のはじめに自殺する子供が多い、と聞いている。その時季が近づてきたからか、このところ奥地圭子さんの名前を新聞紙上やテレビで見かける。奥地さんとはかれこれ4年前に縁が出来た。「学校は必要か」「不登校という生き方」などの著書があるように奥地さんは不登校の子の居場所の一つとして私立のフリースクールを運営している。山下塾生が奥地さんのやっているフリースクールに入学した縁で月に1回の頻度で3年間、囲碁指導に行っていた。フリースクールが東京都の中学校囲碁大会に個人、団体ともに参加したことから囲碁の認識が上がり、今年度は新学期全校生に囲碁入門講座をした。今年は月に一度の指導は近所に住むボランテイア I さんにお任せした。来年の新学期にも全校生に入門講座をやらせてほしい、と新校長先生に申し入れておいた。
DSC_0706.jpg

本選び   2019.08.16

いつでも会える孫はともかくとして一年に数回しか顔を見ない息子の方の孫に会うときに成長に合わせた本を選んでいる。三省堂がなくなって大型書店は一駅離れた丸善が一番大きい。それに次ぐ大型店はジュンク堂である。まだ慣れないので種類別の書棚が頭に入っていない。幼稚園の孫は文字に興味を持っていて自分の名前をひらがな、漢字、ローマ字で書いて見せる。早めだが国語に関する本が良かろうと思い、こちらはすぐに見つかった。小学5年生の孫に選ぶのに迷っているが、算数に悩んだと聞いたのを思い出し格好の本を見つた。自分の思いで本を選んでいるが、それがどのくらい身につくかは子供次第である。余計なお世話かもしれない。
DSC_0660.jpg

詰め込み   2019.08.09

理系に進んだ山下塾生OBの入学後最初の試験問題を聞いた。知識を試す問題が中心であった。「知識なくして思考なし」の言葉がある。どの学びでも知識のない人に深い議論、思考などできない。なるほど、と嬉しくなった。最近、単調な知識の詰込みを否定して、やれ自分の頭で考えるとか、主体性とか、個性とか、いっけん耳障りの良い言葉を耳にするが、それは逆で知識の詰め込みの先にこそ独創や発見が生れるということだ。山下塾の話になるが、塾生に問題を出すときには答えも渡す。すぐに答えをみても良く、問題を見てすぐに答えが浮かべば次に進ませる。問題を見て答えを出す取り組みの反復回数は経験上最低7回から8回は必要である。3回、5回では頭に残らない。質的な変化を起こそうと思ったら量的な反復が不可欠で、その反復回数は7回から8回以上と、斎藤孝さんも書いているが、囲碁もまったく同じで徹底反復は、やはり7回から8回必要である。

長崎の夜景
DSC_0578.jpg



入学式   2019.04.10

昨日は仕事で出られない父親の代わりに孫の大学の入学式に出席した。大学の入学式に父兄として出たのは30数年近く前のことである。その折の総長の式辞が秀逸で学生、父兄共にこの大学に入学して良かったと思ったであろうと感心した。爾来折に触れ入学式でのトップの祝辞をネット上で見ている。今日の祝辞は学長、理事長、来賓3人の中で理事長の祝辞が学生の心をつかんだのでは、と思えた。①勉学に励むこと、②課外活動で教養を積むこと、③勉学で得た自分の専門知識を生かし色々な問題解決に自分で考えること、以上の3点をご自身の経験を踏まえて話された。5000人余の学生は自信をもって歩き出すことであろう。
DSC_0243.jpg

野田キャンパス   2019.04.08

思い立って東京理科大学野田キャンパスを見に行くことにした。外環道が東関東自動車道とつながって便利になったと聞いてい久しいが、まだ走ったことはなかった。京葉道路船橋から乗ると20分で松戸につき、柏に35分で着いてしまう。休日で空いているとはいえ快適である。野田キャンパスは緑豊かで広大な敷地に理工学部の一部と薬学、生命創薬化学科の講義棟、体育館、競技グランド、セミナーハウス、赤外自由電子レーザー、生命医科学、光触媒などの研究センター、実験棟がゆったりと配置されていて、リゾートパーク型キャンパスの名に相応しい佇まいである。薬学部の区域も広く学生、大学院生1200名余が学ぶには十二分の広さを感じる。薬学棟の中庭の桜並木が丁度満開で、この春一番見事な花見が出来た。新入生はさぞ心躍る第一歩を踏み出すことであろう。
DSC_0247.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»