FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 教育

塾高コーチ   2020.02.04

67年前になるが、1953年慶應義塾高等学校に入学した当時は周りに囲碁を打つ者はいなかった。まずはクラスの4人に囲碁を教えて広げていった。3年生になると囲碁部員が30名を超えた。この時の部員は有段者が数人いたので質量ともに日本一の高校囲碁部と自負している。幾歳月が過ぎて塾高に囲碁指導を申し出たのは11年前である。塾高囲碁部が盛んな時は10数名いたが、たったの2名とさびしい年もある。また一人で行くこともあるが、たいてい慶大囲碁部OBの誰かを誘っている。昨年からは高校同期の山内君と行っている。一応正式に囲碁部コーチとして学校長の委嘱状を受けている。今年は早めに登録してもらうことにした。というのも登録していると5月に行われる監督・コーチの会に招待されるからである。おそらく最年長であろうから、指名されれば囲碁談義をしてやろうと目論んでいる。
IMG_20141126_135729_20200211210735515.jpg

閏年   2020.02.01

山下塾は原則月4回毎週土曜日に開催している。今月は閏年なので29日まであって、たまたま土曜日が5回あるので山下塾も5回とした。2月に5回土曜日があるのは珍しいので、棋譜並べの宿題とともに、今年の次に2月で5回山下塾が出来るのはいつですか?と問うた。小1のハルキ君が365日で曜日がかわる日を数えて28年後、とお母さんのメールで知らせてきた。小4のケンタ君は計算式を紙に書いて提出してきた。自身確率的なことを考えるのが好きなので問題にしたわけだが、考えてくれた塾生も確立が好きなのかもしれない。もしかして偉大なギャンブラーになるかは疑問だが、算数が好きなことは間違いなさそうである。
DSC_1125.jpg

幼稚園無償化   2019.11.05

16年前から三幼稚園での囲碁指導を続けているが、10月から始まった幼稚園無償化はこれからの幼稚園にどんな変化をもたらすか、大いに気になる。これまで高い入学金や保育料を払っても有名幼稚園に入れたいというブランド志向は薄れていくのだろうか。保護者は保育に採り入れる内容の価値で選ぶようになるのだろうか。教育費の負担が減ることで、習い事に通うようになるのだろうか。そんな変化のなかで、囲碁を保育に採り入れている幼稚園は価値を上げるのか、考えてしまう。価値を上げるのであれば年間の囲碁指導の時間を増やす提案をすべきかと思う。折よく、幼稚園の囲碁指導の手伝いをすると言ってくれる人も現れている。
CIMG3949.jpg

奥地圭子さん   2019.08.27

夏休み明けの2学期のはじめに自殺する子供が多い、と聞いている。その時季が近づてきたからか、このところ奥地圭子さんの名前を新聞紙上やテレビで見かける。奥地さんとはかれこれ4年前に縁が出来た。「学校は必要か」「不登校という生き方」などの著書があるように奥地さんは不登校の子の居場所の一つとして私立のフリースクールを運営している。山下塾生が奥地さんのやっているフリースクールに入学した縁で月に1回の頻度で3年間、囲碁指導に行っていた。フリースクールが東京都の中学校囲碁大会に個人、団体ともに参加したことから囲碁の認識が上がり、今年度は新学期全校生に囲碁入門講座をした。今年は月に一度の指導は近所に住むボランテイア I さんにお任せした。来年の新学期にも全校生に入門講座をやらせてほしい、と新校長先生に申し入れておいた。
DSC_0706.jpg

本選び   2019.08.16

いつでも会える孫はともかくとして一年に数回しか顔を見ない息子の方の孫に会うときに成長に合わせた本を選んでいる。三省堂がなくなって大型書店は一駅離れた丸善が一番大きい。それに次ぐ大型店はジュンク堂である。まだ慣れないので種類別の書棚が頭に入っていない。幼稚園の孫は文字に興味を持っていて自分の名前をひらがな、漢字、ローマ字で書いて見せる。早めだが国語に関する本が良かろうと思い、こちらはすぐに見つかった。小学5年生の孫に選ぶのに迷っているが、算数に悩んだと聞いたのを思い出し格好の本を見つた。自分の思いで本を選んでいるが、それがどのくらい身につくかは子供次第である。余計なお世話かもしれない。
DSC_0660.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»