プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 教育

特訓   2018.05.18

山下塾で6月の千葉県大会に向け土曜日のほかに月に一回特訓をしている。今月は運動会を控えて学校が早く引ける日の15時から19時である。この特訓には船橋市内の塾生が集まる。それぞれの子の事情を考えて時間内途中退出、途中参加も可としている。全員と指導碁を打ち棋力の近い同士の対局で4時間があっという間に過ぎる。土曜日の山下塾の後片づけは机を動かすのに小学低学年では無理なため父兄が中心になる。今日は塾生だけで碁盤碁石を棚に収めている。子供では背が届かないので、椅子に乗っての作業となる。今日は年長のヒナタ、シュンタが中心となって片付けた。ヒナタ、シュンタは船橋大神宮の子ども相撲の常連である。後片付け作業と相撲の関連はわからないが、意味があるように思えてならない。
IMG_0146.jpg

宣誓文   2018.05.12

千葉県少年少女囲碁連盟の大会には選手宣誓がつきものである。何回かに一回は山下塾生が受け持っている。宣誓文は連盟役員が作成するのが常だが、山下塾生の場合は選ばれた塾生が自分たちで考えることにしている。塾長からは、大きな声を出すことだけ強くいっている。練習を聞いていて、お腹から声が出ていないとやり直してもらう。

選手宣誓
僕たち
私たちは
日頃の成果を発揮し、一手一手考えながら集中して碁盤に向かいます。
あいさつをきちんとし、礼儀正しくマナーを守って、楽しい大会になるよう全力を尽くします。
多く仲間と共に囲碁を楽しめることに感謝して,
正々堂々と対局することを誓います。

 以上は、応三郎と梨沙の作った宣誓文である。塾長の日ごろ言っていることを受け取ってくれているようで嬉しい宣誓文である。
20180513_3s.jpg

語先後礼   2018.04.19

ゴセンゴレイと打っても、語先後礼とパソコン画面には表示されないだろう。若松幼稚園ではこれが園児たちに実践されている。1、「おはようございます」と言ってお辞儀をする。2、「おはようございます」と言いながらお辞儀をする。3、お辞儀をしながら「おはようございます」という。囲碁の時間の前にこれを実演しながらやって見せた。この幼稚園ではどのクラスでも言葉を先に言ってからお辞儀をする。皆さん、とてもいい習慣が身についていますね、と話した。人との出会いで言葉が先で、お辞儀を後からきちんとされると気持ちが良い。
CIMG3950.jpg

入園式   2018.04.12

若松幼稚園の入園式には毎年招待される。親と離れて不安で泣いている子、先生の手を振り切って元気に動き回る子、おとなしく座っている子、色々な光景を目にする。3年後の卒園式では園児の成長ぶりを観て感慨一入になるが、そもそも出発点は入園式であるから毎年できる限り出席したいと思っている。ところで今年は少しばかり観察する意味合いが違う。4月に大阪に行った孫が幼稚園入園式を迎えるのである。日ごろの孫の動きは頭に焼き付いているから、どうしてもこちらの入園児の様子と比べてしまう。孫はどんな振る舞いをするかと想像もする。4月生まれの孫は早生まれの子に比べ当然一年近く成長に差がある。うまく適応してくれると安心してもよさそうである。
ケンちゃんの折り紙
IMG_0102_20180417183648bd0.jpg

54校+120校   2018.04.05

市内の全小学校にチラシを配布することが可能とは今まで思ってもいなかった。山下塾生の保護者KさんはPTA活動をしているが、小学校への文書配布のルートにチラシを載せるにはどうすればよいか、知恵を貸してくれた。5月から6月にかけて千葉県内で開催される子供囲碁大会の案内を船橋市立小学校54校に配ることを提案してくれたのである。チラシの本来の目的は囲碁大会参加呼びかけであるが、同時に囲碁を知らない子供に向けて色々な子供囲碁大会が開催され、全国大会につながっていることを知ってもらいたいという目論みもある。船橋市で可能とわかったので千葉市でもと考え、千葉市役所に申し込んでみた。幸いチラシの趣旨を理解してくれて千葉市小学校120校にも配布が出来ることになった。これで子供たちと先生方に囲碁の認識が高まって来るであろう。ちょっとしたヒットである。
20180408221444_201804082218553ef.jpg

«前のページ  | HOME |  次のページ»