FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > ビジネス

line   2018.09.22

パソコンに新しいセキュリテイーソフトを入れ、2台目にインストールしようと思ったら中々できない。やむなくサービスに電話をした。例によって電話が話し中で掛からない。このメーカーではLINEで対応しているとある。チャットで言わせたことはあるがLINEでは初めてである。手順をLINEで送ってくれるので記録が残るだけ分かりやすい。先週は若松幼稚園保護者の会の連絡方法をLINEに変えた。無論、設定はお願いした。囲碁でどんな使いかたが出来るか考えた。、LINEで問題を山下塾生たちに写真で送り、答えを同じくLINEで受け取ることが出来そうである。
DSC_0350.jpg

好奇心   2018.04.11

いま最も好奇心を掻き立てられるのは仮想通貨である。ある業者が450億円盗まれ、それによって損害を被る会員に現金で保証した。起業して3年くらいの企業がよくそんな現金を持っていた、と思う。またその企業を証券界の雄マネックス証券が子会社にするという。マネックスの株が急騰している。仮想通貨はこれからの社会に変化をもたらすのは間違いない。まわりの友人に聞いても仮想通貨を取引している者はいない。ネットで調べてみても分からない。ネットで証券会社の口座を創り、自分で株を選び買って置けば配当は口座に振り込まれる、というほど簡単なことではないことが分かった。これは自分で買ってみなければわからないと思い、取引所を選んで登録しようとしたら何と年齢制限があり、はじかれた。人生百年と言われているのに何ということかと腹立ちもしたが何と、登録できるところが見つかった。ところが住所確認とやらで自宅に書類が届き、これが日身さんの眼に留まって、仮想通貨なんてやらないで、ときた。買うんなら今すぐ家を出ていっちゃうから、と脅す。まあ冗談にしろそれを押し切るほどのことではない。好奇心が宙に舞っている。
IMG_0098.jpg

レンタルスペース   2018.03.26

知人が1年前に本八幡駅近くに女性を対象としたレンタルスペースを起業した。今年から力を入れたい、と言っているので2人で酒とつまみを用意して訪れた。女性ならではの白を基調にした内装で、二方面に窓があり明るい部屋である。起業時駅近辺にレンタルスペースはなかったが、この一年で競合店が出来たらしい。2時間使用で1500円は安いと思うが、女性の財布の紐は堅いらしく未だフル回転とは言えないそうである。さて自分ならどう使うか考えてみた。少人数のクラス会、何か趣味の教室といったところである。本八幡に住む棋友に女性囲碁教室に格好の場所があると話した。興味を持ってくれたので観に行ってくれるだろう。この起業が軌道に乗ってほしいと思っている。
IMG_0083.jpg

粉美人   2018.01.31

JFEスチール本社には年に一、二度訪問する。受付ではJFEの新しい技術が紹介されている。「粉美人」に眼が引かれた。稲作はコメという字が八十八と書くとおり88の手間がかかると理解していた。それが稲作の省力化のための技術として種に鉄粉をコーティングする技術が開発されたということである。種から苗を育て、それを田植えするのを省き、水田に「粉美人」を直播するのである。およそ鉄粉と種とは縁遠いと思っていたが、「粉美人「」技術が日本の米作りに新しい展開をもたらすかと思うと嬉しくなる。
DSC_0035_20180202134513561.jpg

女性起業家   2017.07.28

市川市には起業を支援する制度があり、昨年のレデイースビジネスコンテストで最優秀賞になったのが梅原浩子さんの「悩める女性起業家の背中を押します!レンタルサロンおよびレンタルキッチン設立・運営」である。プレオープンが始まり夏休み子どもWeekの「はじめての囲碁」講師の依頼があった。小中学生に2時間で囲碁が打てるようにするのは手馴れているが、それからどう囲碁を続けられるかが大切なことである。入門した人がそのまま囲碁教室を創れれば良いがそれがなかなか難しい。そうなるとインターネットを活用する方法を教えて置かなければならない。参加者によってどう進めるか、考えてみるつもりである。
CIMG2374.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»