プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 読書

幻庵   2017.02.04

ベストセラー作家の百田尚樹さんの「幻庵」を読まなければと思いながら書店に行けずに遅くなってしまった。げんあんと思っていたらげんなんと読むのが正しいと初めて知った。囲碁を打つ者なら文中の囲碁の局面での緊迫した感じはわかる。百田さんが囲碁を嗜むことはタイトル戦就位式の祝辞を聞いて知っていた。それにしても局面での緊迫感のある表現は流石ベストセラー作家と唸らせる。囲碁の専門的な解説は福井正明九段と聞いている。福井九段とは彼が日本棋院院生の時からの縁である。高校生の頃に大田区の蓮沼にあった最初の囲碁の師渡辺祿郎先生のところに通っていたが、そこは当時の院生のたまり場であった。彼をはじめ安倍、高木、黒沢、菅野、小島、川本、小杉、江面等々多く出入りしていた。碁盤があるのと同時に和綴じの棋書が多くあった。今日ほど棋書が出回っていない時だけに和綴じの棋書を手写しして昔の名人の碁を勉強するには貴重なところであった。「幻庵」に出てくる古碁を空で並べる場面はそのころの勉強が生きていると懐かしく思い出された。二日間で読み切ったが場面に出てくる棋譜を並べながら読むと一層面白さが増すであろう。
子供のころ感銘した68と70の妙手
丈和

千夜千冊   2016.05.15

朝早く目覚めパソコンに向かっていた。今夜はNHKスペシャルで「羽生善治×人工知能」があるのでネットで関連を見ていたら、松岡正剛の千夜千冊にたどり着いた。松岡正剛氏とは特別な付き合いはないが従妹の伴侶である。このページは松岡氏が毎日一冊取り上げ解説しているものである。パッと目に入ったのはジェイムス・パラット著「人口知能」を取り上げているページである。副題は人類最悪にして最後の発明、とある。まずはアルファ碁を取り上げた解説から始まっている。知識不足で理解不能なところが多々あったが一気に読んだ。次の夜に取り上げているのは松尾豊著「人工知能は人間を超えるか」である。こちらも分からない部分はあったが、ここ1年のAIは予測できない変化をするだろうことは理解した。面白い時代を生きている、と感じる。
IMG_0067.jpg

死の作法   2015.12.30

いま住んでいるマンションは20階建でエレベーターが6基ある。1基を60軒が利用していて、我が家は18階である。初めてのことだが利用しているエレベーターが朝から故障して夕方まで動かなかった。用事があり階段を利用したが登りで息が切れた。こんな時は読書に限る。書店で題名を見て買っておいたツンドクの本がたくさん溜まっている。その中から手にした本は山折哲夫さんの「こころの作法」である。好きな著者なので一気に読んだ。随筆は目に留まったところから読む、それで面白ければ全章読む。第4章は私の死の作法である。どのように死ぬべきか、がテーマだが山折さんの自問自答のかたちで書かれている。結論は日頃自分が考えていることと全く同じであった。いま癌との戦いをしているH君に読むように薦めた。余計なお世話が持ち前だが、どんな受け止めをしてくれるだろうか。
今朝の富士山
IMG_7392.jpg

デジタル版   2014.12.13

いつも行く書店は見つけたい書籍の場所が頭に入っているので、余計な時間を使わなくて済む。今日は買いたい書籍が特になく店内を見ていたら、「期間限定サービス、今ならデジタル版が無料で付いてくる」、という帯が眼に入ったので、ものは試し、と買い求めてきた。アプリをインストール、会員登録、クーポンコード入力、電子版を楽しむ、ところまでやって、アンドロイド、iOSでも出来る、とあるので、手元のネクサス5、と7、タブレット10インチ、iPadと全てに入れてみた。レンタルの映画は一端末と制限されるが電子版は制限がない。電車の中で5割くらいの人が端末を見ているが、自分も仲間入りしそうである。12夕日

雀友   2014.12.03

三、四十代からの雀友F君が訪ねてきてくれた。秦野に住んでいるので2時間はかかる。F君は好きな歴史の資料を沢山持っている。書籍、ビデオの類である。膨大なビデオはすべてDVDに移し替えたという。歴史の随想を本にまとめ今回4冊目である。立派な装丁で発行部数は少ないから1冊小一万かかっている、と聞いた。80歳前から書き出し今や毎日7時間は著作に時間を使っている。歴史上で知らなかった事柄が多くあって、面白い。また、いままで知らなかったF君のこだわりなどを知って、それも面白い。著作を物するにはやはり仲間が必要である。佳き仲間に恵まれているので4冊も書きあげられたようである。来し方のことなど話しているうちにあっという間に時間が経ってしまった。別れ際に、「しばらく元気でいような」、とどちらからともなく口から出た。
花
«前のページ  | HOME |  次のページ»