プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 食事

中華料理店   2016.11.18

贔屓の店が引き揚げたので外食は月に一度程度しかしない。歩いて行けるところに庶民的な中華の店が出来た、と日身さんが聞いてきたので出かけてみた。駐車場はないし店に入るのに狭い階段を昇るので店舗としては条件が良くない。若い中国人のカップルでやっている。用意された紙のエプロンを掛けてこってりした刀削緬を食べたが汁の飛び跳ねのすごさには吃驚した。麺類を食べるときハンカチを充てるように、といつも日身さんが言うのは、このことだったのか、と腑に落ちた。街の小さな中華料理店でエプロンを用意する配慮は新鮮で、また近いうち食べに行こうかと思った。
IMG_5625.jpg

53回結婚記念日祝い   2016.11.12

53回目の結婚記念日を前にして、娘が昼食に招待してくれた。中華料理以外は考えられない、と言う日身さんの希望で幕張のホテルである。ゆっくりと間合いを置いて運ばれてくる料理を味わいつつ全て残さず食べていたらデザートの前に既に満腹になってしまった。昼食の中華料理を念頭に朝食は大分控えめにしたにもかかわらず・・・である。食べだめは出来なくなったね、と言いつつ、それでもアイスクリームは別腹である。そこへ予め娘が予約していた結婚記念日祝いのスイーツが運ばれてきた。夜は軽くしようね、と言いながらこれも全部平らげた。もう本当に夕食は要らない、と思った
a href="http://blog-imgs-91.fc2.com/y/i/s/yisao/IMG_8135.jpg" target="_blank">IMG_8135.jpg

大学食堂   2016.07.01

千葉県で一番評判の良い学食は千葉商科大学の学食The University DININGという世界一ワクワクする学食であるらしい。しだれ桜で有名な弘法寺に行った折に寄ったら開店時間までちょっと間があって諦めた。今日は事前に調べて11時半からランチと分かっていたので家人の叔母の墓参りを済ませてから寄ってみた。昼時で学生、教職員、子連れのママ友グループ、われわれと同年代の一団でほぼ満席である。ランチは主食、メインの副食とスイーツを含めた小皿の副菜を何品か選んで600円。自由が丘ベイクショップのパンとコーヒーは8:30~19:00まで利用できる。朝食を軽めににしておいたが、つい食べ過ぎた。流石各界の名だたるプロが参画した学食である。
IMG_0103.jpg

トマト   2016.06.02

スクエア囲碁の会のAさんが時々トマトを届けてくれる。家人は特に生鮮食材につては生産地、生産者、鮮度等こだわってチェックをしているようである。タマゴとトマトは友人から教えてもらった評判の生産者のところに直接買いに行っている。どちらもスーパーで買うのとは味がかなり違う。だがAさんが届けてくれるトマトの味はそれとは別格の美味しさである。生産者は八千代の奥で、通販であらかたはけてしまうので買いに行っても手に入る保証はないそうだ。たかがトマトだが、そう聞くと一度訪ねたくなるのも人情である。
今日の昼食
IMG_0013.jpg

金アジ   2015.10.25

釣り人のN氏が届けてくれた金アジは東京湾最上級のアジの代名詞、ということを知った。カワハギの刺身は肝を酒と醤油で溶いて付けて食べるのが格別、と言ったのをN氏は覚えていてくれて、今日の目当てはカワハギである。あいにく二段潮、(意味は分からない)とやらで不漁であったがアジ、カワハギ、カサゴを届けてくれた。カワハギの刺身は酒、醤油、肝をとろりと溶いたタレとともに食べた。品良くかつ濃厚な味である。ピンと反った鯵もカサゴも刺身にし、中落ちと頭はあら汁にして舌鼓を打った。夜更けて鯵は観音寺沖の金アジでした、とN氏から報告があった。「金アジ」とは初めて聞いた名称であるし、まして食べてしまった後ではコリコリして美味しかった、としか表現できない。最上級の鯵だと始めから知っていたら、もっとゆっくり謹んで味わったのに・・・あとの祭りである。
金アジ
«前のページ  | HOME |  次のページ»