FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 食事

食べ放題   2019.01.02

義姉が子供たち家族にご馳走するというので、始めて食べ放題焼肉店に同行した。正月だからか開店前には既に30人ほど並んでいて、1時間も経つと満席になり、待っているグループが何組もいる。入店してから90分が制限時間で注文するメニューに囲碁対局のように残り時間が表示される。タブレットで注文すると暫らくして運ばれてくる。はっきり言って時間制限の食べ放題はシニアには向いていない。食事を楽しむと言うより専ら如何にいろいろなものを沢山食べるかが頭にある。質より量に意識が入ってしまう。店舗としては調理の必要がないので客さえ来れば利益が出る仕組みである。面白い経験ではあるが食事を楽しんだ気分にはほど遠かった。
P1010086_201901022229243b1.jpg

銘酒   2018.12.17

高尾紳路さんの忘年会に参加した。70数名集まる参加者の中から持ち込みの銘酒が並ぶのがこの忘年会の楽しみの一つである。焼酎では森伊蔵、佐藤、日本酒では羅生門、高尾さんの父親が日本一と評するところの昨(ザク)、)等々名の通った酒が並ぶので一口づつ味わう。下戸ながら成程、と感じる。この会には慶應囲碁部OB連中が多く参加する。若手世話役代表のエトウ君から自分の後に続く超若手の幹事候補を紹介された。社会人になり立てでは身に付けなければならないことが多く時間を作るのも難しかろうに、やる気十分で頼もしい。慶應囲碁部関係ではこのように次々と幹事役が現れるのは有難い限りである。ひとえに伝統の力、と言えよう。
DSC_0618.jpg

蕎麦屋で一杯   2018.11.25

薬円台の囲碁サークルには年に2回くらい指導を頼まれる。普通、指導と言えば教わると言う感じで迎えてくれるのだが、この会のメンバーは自分を負かしに来る人ばかりである。10人を相手にするのだが、こちらも負けるものかと打っている。負けた人にはプロ棋士の扇子を進呈している。今日は3本用意して行ったが、1本の進呈で済んだ。この会は、打ち終わった後の有志との懇親会が面白い。いつもの中華料理店でなく今回は蕎麦屋で一杯である。居酒屋がこれほどないときは、お酒を飲むのは、蕎麦屋と決まっていた。板わさで蕎麦湯割りは何よりいい。今宵は大腸のポリープを取ったばかりなのでお酒は控えたが、話題は延々と尽きない。何時ものことながら楽しい碁仲間たちとの一杯は捨てがたいものである。
PA250002_20181127223221704.jpg

オメガ3脂肪酸   2018.11.22

テレビはあまり見るほうではない。ニュース以外ではブラタモリ、プライムニュース、N響アワー、たまにためしてガッテン等などである。今週のためしてガッテンは「1日小さじ1杯で脂肪や体重が減る」である。日本人は魚を食べなくなったので必須脂肪酸のうちオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の割合を2:1にすべきという話である。オメガ3脂肪酸は、えごま油かあまに油で良いと言う。番組は8時15分に締めくくった。明日買いに行こうと言ったら、日身さんが、OKは9時半までやっている、と言う。日身さんの買い方は豪快である。棚にあったえごま油を全て籠に入れた。二人の半年分の摂取が賄える量である。さて半年後にポッコリお腹がどうなっているか、見ものである。
ベランダからの筑波山
筑波山

10円飲み放題   2018.10.29

居酒屋で飲み放題は幹事が面倒でないので人気のようである。我々の齢になるとそれほど飲むわけではないし、つい飲みすぎることになるので避けている。シドウジ幹事が見つけた10円で飲み放題の店に案内された。女の子にチラシどおり10円飲み放題が使えるか、確かめたらコース料理を注文すれば大丈夫という。お試しコースを頼んだら前菜、サラダからしゃぶしゃぶの落し鍋に黒毛和牛、黒豚と続き日本そば、とろろ麦飯、雑炊、最後にわらび餅のデザートまで、味と量ともに大満足である。飲み物も揃っていて、一同飲み放題もたっぷり味わい2時間余で間違いなく10円であった。びっくり仰天のわけは、津田沼に初出店のため下見プランとやらで今月いっぱい限りチラシ持参で10円ということらしい。津田沼での飲み会の会場は当分この店に決まった。
DSC_0487.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»