プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 食事

初卵   2018.05.03

卵にはこだわりがある。ここに住むようになって直ぐの頃、東武デパートで見つけた卵がぷっくり盛り上がっていて味も見事であったので卵はこれ、と決めていた。しばらく経って養鶏所は車で20分くらいのところにあると知ってからは、そこまで出向いて買っている。今の時期、初卵が買える。孵化した鶏が初めて生んだ卵である。味はやや濃く、縁起も良い、と祝いものにするらしい。「はつたま「」とも」「ういらん「」とも言うらしい。何といっても生卵は」三国シェフお薦めの、熱々の炊きたてのご飯に卵を入れスプーンで100回くらいよくかき回し、クリーム状になったら上質の醤油を少したらして食すのが一番である。卵1個に対するご飯の量が難しいが、熱々のご飯は絶対条件である。朝、この卵かけご飯を食べると一日元気でいられる気持ちになるのは不思議。

たらの芽・こしあぶら   2018.05.02

千曲の別荘に滞在中の日見さんの友人からタラの芽とコシアブラが送られてきた。タラの芽はこの時期ゴルフ場に行くと田舎育ちの同伴者がめざとく見つけ採っていくくらいだから、この季節ならではの山の恵みであろう。山菜の王様といわれるたらの芽と山菜の女王コシアブラは鮮度にこだわりがあるのか、料亭でもったいぶって出されれるくらいで市場ではあまり目にしない。届いた二つの山菜をお浸しや炊きたてご飯に混ぜるのもよいが、何と言っても天ぷらが美味しい。贈ってくれた友人夫妻のエピソードを肴に向こう何年か分の山菜天ぷらを楽しんだ。やはりそこは日本人、旬のものを食べると新しいエネルギーが満ちてくるように感じる。
PA100068.jpg

国際文化会館   2018.01.03

市内を自転車で用たしするほかは殆ど家に居てサポート役をしている日身さんの日常の目先を変えるのは、鳥居坂の国際文化会館を宿として都心の雰囲気を感じることくらいだろうか。サントリー美術館に寄り道して”フランス宮廷の磁器・セーヴル創造300年”を観る予定だったが、あいにく休館である。ならば夕食はミッドタウンで、と思ったが、強風が吹いて尻込みするほど寒いので会館内のティーラウンジにした。幾つかの団体が使っていてほぼ満席である。一つは国際結婚をした一族らしい。日本語と英語が飛び交うなか一歳になるかならないかの幼児が床でハイハイしている。シニア客が多い此処では、こういう光景は珍しい。もう一つの女性だけのグループは海外の都市の名前が頻繁に耳に飛び込んでくる。ふと見ると中心にいる老婦人は国際的に活躍している著名な人である。その上品な挙措動作に魅せられた様子の日身さん。ま、これも日身さんにとっては非日常の空間だろう。食後は今月下旬高校囲碁関東大会に出場する孫のCと一局。
IMG_0001_20180105220942a0c.jpg

家庭料理   2017.04.06

木曜日は船橋地方市場に行くことが多い。以前は中央市場であったが流通の変化で商い高が減り地方市場となっている。昔は素人が来ると邪魔者扱いをされ入りにくかった。仲卸業者の廃業も著しい。昨年まで三店舗分を使っていたうなぎ卸が一店舗に縮小している。日身さんは地元出身で40年超も出入りしているので市場内のことには詳しい。木曜日の一つの目的は大鯛の頭を買うことである。いつもの店に行ったら売り切れた後であった。鯛を扱っている他の店にまわって一回り小ぶりな頭を見つけ中落と一緒に買ってきた。日身さんが大きな出刃包丁で頭を縦2つに割って、昼食は鯛の兜甘炊きと中落の潮汁である。生臭くなくすっきりしているのに何とも言えぬ旨味がある。値段を聞くと嘘かと思う安さである。お金を出せば美味しいものが手に入る世の中だが、手間暇かければこんなに安くて美味しいものが食べられるしあわせもある。


IMG_8573.jpg

トクホ   2017.03.05

住まいの自治会の催しでサッポロビール千葉工場の見学会に参加した。南極探検の「しらせ」が船橋港にあり、それとセットでの見学が船橋市の観光スポットとなっている。工場見学は費用500円で生ビール2杯と見学記念のビールグラスがもらえるのでチョットお得感が人気の元らしい。駅から無料バスが出ているが、今日は自分を含め年寄り5人の運転手としての参加でもある。まず見学前に自動車、自転車の人は違うカードを渡される。このカードではビールは飲めないがノンアルコールビールかジュースは飲める。サッポロビールではノンアルコールビールが2種類ある。一つはトクホ初めてのノンアルコールビールという。トクホって言葉は初めて知った。特定保健用食品のことである。特定の保健効果があると証明されているのである。お腹の調子はすこぶるいいのでトクホとは縁が薄いのである。
しらせ
«前のページ  | HOME |  次のページ»