プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 魚

天女の羽衣   2017.09.08

京葉熱帯魚店主中務さんは魚の繁殖の師匠である。このところのメダカへの取り組みを評価してくれたのか、天女の羽衣の繁殖を命じられた。中務師匠はブリーダーとしても有名である。新種、珍種を手に入れると、すぐに増やしている。店に行くと今は何々に取り組んでいると聞くのは楽しみである。新種珍種は繁殖した世代の魚を時々譲ってもらう。天女の羽衣は今年のメダカの新種である。新種で増えたら飼ってみようと思っていたら新種そのものを増やしてごらんと、7匹渡された。天女の羽衣はひれが長いので産卵しにくく、また孵化しにくいと説明を受けて10日目である。今朝ホテイアオイの根を観たら卵が数個付いている。卵は堅かったので受精している。孵化用の水槽に移した。水温280℃(水温25℃で12日間)で孵ると聞いた。日当たりの良いベランダなので10日後が楽しみである。
ランチュウ
IMG_5735.jpg

メダカ2   2017.08.21

スーパーミユキの針子をひと掬い貰ったのが産卵孵化したので、スーパーミユキは卒業とし、楊貴妃メスとラメ入りオスの組み合わせに挑戦し既に数十匹孵化したので、次なる挑戦を京葉熱帯魚店主に頼んだ。ネットでメダカを調べると、いろいろな組み合わせに取り組んで次々に新種が生みだされていることが分かる。ミユキからスーパーミユキ、顔まで発光すると鉄仮面。赤色メダカから楊貴妃、皇帝、東天光。白色メダカからピュアホワイトが生まれている。より鮮明で彩のあるメダカを目指している。楊貴妃とラメメダカの次はピュアホワイトにラメを乗せたら、と勧められた。メダカをやり出してからは、暇さえあれば水草から卵を取り出し水槽に入れる。更にその水槽から孵化した稚魚を別の水槽に入れる作業が加わった。朝、目覚めると洗顔、整水器の水汲み、読経にメダカが加わり1時間があっという間である。朝の濃い1時間は一日を濃くすることにつながる。メダカのお陰である。
2012/5/21日本での日食(自宅で撮影)
IMG_3646.jpg

メダカ   2017.08.11

京葉熱帯魚店店主中務さんはアマの要望を嫌な顔をせずに聞いてくれる人である。ランチュウとは別にメダカに興味が湧き、夏の初めにスーパーミユキの針子をひと掬い貰ってきた。ほぼ成魚となり、卵を産み付けるようになった。この調子だとすぐに100匹を超えてしまう。限られた水槽では飼いきれない。卵だけ残し成魚をすべて引き取ってもらった。メダカを飼ってみて、毎年新種が生まれていることを知った。今年の新種は「天女の羽衣」である。背びれと尾びれが大きいところが羽衣の由来らしい。自分も新種を創りたいと中務さんに頼んで、どんな取り合わせが面白いか選んでもらった。赤色の「楊貴妃」とラメの入ったメダカの組み合わせとなった。赤い色のラメが入った新種が出来るかどうか。今日から楊貴妃のメスとラメのオスのカップルが二組水槽を占めることとなった。
みずすまし

キタマクラ   2015.12.28

INGO(ingo-web)で囲碁入門したSEIGENさんは大の釣りキチである。釣り宿から釣れていると電話が入ると夜更けに出発、朝明けとともに乗り合いで釣りをしてくる。この前カワハギが釣れたと電話してきて、帰りに寄っててくれた。肝を牡蠣醤油と日本酒で溶いたタレで食す刺身は噂のとおり美味。今日も帰路前回より釣れたと届けてくれた。カワハギのほか雑魚が何匹もあった。この魚はどう?と差し出した魚の名前が「キタマクラ」である。タブレットで引くと皮に猛毒があり、食べると北枕に寝かされるのでこの命名、とあった。カワハギの刺身はコリコリした食感で美味しい。家人が鮮やかな手さばきで雑魚を下ろして刺身にし、中落ちは湯上げして食べたが、こちらは小骨が多く苦戦した。この釣り人の得意はイカと言う。それなら、大好物の塩辛とスルメにできるので歓迎である。
釣り

イナダ   2015.10.19

INGO(web-ingo)で指導し始めたNさんがカワハギを釣りに行くが釣って来たら食しますか?、と聞いてきた。かねてから肝を醤油と酒で溶いたタレで食べるカワハギの刺身は絶品、と聞いていたので、喜んで、と答えておいた。午後になって目的のカワハギは釣れなかったがイナダが釣れたので持参する、と電話が入った。イナダのほか豆鯵が数匹。早速アジは三枚におろし、塩をして酢〆に、中骨は干して骨せんべいに、イナダは刺身とあら汁にして無駄なく食した。魚を無駄なく料理して食べてもらえるのは釣り人を自称するNさんとしては釣り人冥利に尽きるだろう。東京湾、房総の海はこれから12月までは釣りシーズンとやら、日曜日になると新鮮魚が到来することになりそうだ。
sakana.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»