プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 魚

キタマクラ   2015.12.28

INGO(ingo-web)で囲碁入門したSEIGENさんは大の釣りキチである。釣り宿から釣れていると電話が入ると夜更けに出発、朝明けとともに乗り合いで釣りをしてくる。この前カワハギが釣れたと電話してきて、帰りに寄っててくれた。肝を牡蠣醤油と日本酒で溶いたタレで食す刺身は噂のとおり美味。今日も帰路前回より釣れたと届けてくれた。カワハギのほか雑魚が何匹もあった。この魚はどう?と差し出した魚の名前が「キタマクラ」である。タブレットで引くと皮に猛毒があり、食べると北枕に寝かされるのでこの命名、とあった。カワハギの刺身はコリコリした食感で美味しい。家人が鮮やかな手さばきで雑魚を下ろして刺身にし、中落ちは湯上げして食べたが、こちらは小骨が多く苦戦した。この釣り人の得意はイカと言う。それなら、大好物の塩辛とスルメにできるので歓迎である。
釣り

イナダ   2015.10.19

INGO(web-ingo)で指導し始めたNさんがカワハギを釣りに行くが釣って来たら食しますか?、と聞いてきた。かねてから肝を醤油と酒で溶いたタレで食べるカワハギの刺身は絶品、と聞いていたので、喜んで、と答えておいた。午後になって目的のカワハギは釣れなかったがイナダが釣れたので持参する、と電話が入った。イナダのほか豆鯵が数匹。早速アジは三枚におろし、塩をして酢〆に、中骨は干して骨せんべいに、イナダは刺身とあら汁にして無駄なく食した。魚を無駄なく料理して食べてもらえるのは釣り人を自称するNさんとしては釣り人冥利に尽きるだろう。東京湾、房総の海はこれから12月までは釣りシーズンとやら、日曜日になると新鮮魚が到来することになりそうだ。
sakana.jpg

メダカ   2015.06.15

ランチュウの針子から育てようと試みたが素人の悲しさで全て落としてしまい気落ちしていた。それでもやはり寂しいので
京葉熱帯魚店に行き、これなら簡単、と店主にすすめられたのがメダカである。店の中には日本メダカから楊貴妃メダカ、白メダカ、ヒメダカ、アオメダカ、等々色々な種類が泳いでいる。メダカは子供でも簡単に飼える、と思っていて飼ったことがないが、ミユキメダカなら見ていてもキレイ、とすすめられた。5匹もらってきて飼いだしたら次から次と卵を産み付け、孵化しアッという間に100匹くらいになり、このままでは手に負えなくなりそうになった。店主にお願いして引き取ってもらうことにした。やはりランチュウ、と思い、選別が済んでいる青子を12匹もらってきた。稚魚は難しいから成魚を持っていきなさい、と盛んに薦める。青子は1週間は大丈夫かな、と冷やかし半分に持たせてくれた。9、10月までのエサと水替えの要領を伝授してもらったので、びっくりするほど大きく育ててみよう。
ペットボトルでのメダカ飼育
メダカ

魚づくし   2012.11.20

家人は中央卸売市場では40年来魚を買いに行っているので、場内の店を周知している。マグロはどの店、干物はどこ、海苔はどこ、冷凍物は、時季の魚はどの店と詳しい。その上、鮮度を見る目があるので当たり外れはまずない。その中でも特に信頼して買う店があって、場内をぐるっとひと回りして最後に立ち寄る。番頭が今日はこれがおいしい、と料理法まで解説してくれる。今日のお薦めは初めて見る魚で少々怖い顔をしている。名前は失念したが、唐揚げか煮付けが美味しい、と教えられた。酒と広島カキ醤油だけで煮付けたら、鰈に少し脂がのったようなほど良い淡白さでおいしかった。これに鮪屋で仕入れた中とろ、家人つくるところの烏賊の刺身と塩辛(これがまた格別の味で塩を抑えて梅干しを加えて作るらしく、ふわっとした甘みがある)、魚づくしの晩飯は魚市場が身近にあるお陰だ。ごちそうさま。
CIMG3243.jpg

金魚すくい   2010.07.25

船橋市の夏の風物詩「第43回ふなばし市民まつり」が23日~28日まで開催される。
産業展「めいど・いん・ふなばし」を皮切りに、民謡パレードや神輿の練り歩き、花火大会などが市内各地で企画され、約60万人の人出が見込まれている。
25日は船橋駅周辺の船橋会場で午前10時から午後9時半まで勇壮な神輿のゆすり込みやばか面パレードで盛り上がる。通りでは金魚すくい、スパーボールすくい、ヨーヨーすくい、食べ物の屋台が歩道に連なり、子どもならずとも目移りがする。
子供の人気は定番の金魚すくいである。一匹もすくえないと3匹くれる。
「ジジ!水槽一つ空いてたね」と言われ、預かることになった。
鑑賞魚が趣味の身にとり、普通の和金は飼いにくい。
スジの良いランチュウと同じ水槽に入れることもできない。もし病気を持っていたら事である。
やむ無く和金にはもったいないガラスの水槽に入れた。
「長く生きるといいね」と言われては、気に入りの魚より大切に飼わなくては。
船橋産業祭り
«前のページ  | HOME |  次のページ»