プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 音楽

ありがとうございます   2017.05.04

毎年この季節の一番の楽しみは孫のCちゃんのヴァイオリン演奏である。Cちゃんが5歳から通っている教室からは音大に進む生徒、プロになった先輩が何人も出ている。昨年の演奏会からCちゃんはトリを務めるようになった。かつて詩吟で鍛えた大きな声で「ブラボー」とやるので、「ブラボーおじさんに自分にもブラボーと言ってもらいたい」、と言われたこともあった。小学校の高学年になって「恥ずかしいからやらないで」、と言うので封印していた時期があったが、この数年、あまりの感動につい叫んでいるうちに黙認状態になっていた。今日は、あらためて「やらないでね」、と釘を刺された。今年の演奏曲はベートーベンのソナタ「クロイツェル」である。肝心のピアノとのかけ合いも息があって見事な演奏であった。ピアノの先生もここ一番、相当気合を入れてくれたのであろう。この日を目指してたゆまぬ努力を重ねてきた自信が舞台上の演奏姿にみなぎっている。今日は第2部でメンデルスゾーンの弦楽8重奏曲が組まれていて、第一ヴアイオリンのCちゃんのソロ演奏が多いと聞いていた。8人全員をビデオに撮るのによさそうな上の席に移動した。座った途端、後ろの席から二人の父親の話し声が耳に飛び込んできた。「最後の子は抜けてましたね。ヴァイオリンも鳴っていて素晴らしかった!」「あの子は別格ですね」。思わず振り返って「ありがとうございます」、と危く挨拶しそうになった。ジジバカもここに極まれり。
演奏会

コンミス   2017.04.08

今年一月に孫のCがコンサートミストレスとなって初めての演奏を学内コンサートホールに聴きに行った。今日は40年近く吹奏楽部、オーケストラ部を指導していらした名物先生の退官記念コンサートである。母親の代わりに動画撮りの役も仰せつかっている。会場に早く着いて、一番前の中央席に陣取った。真ん前だから音は良く録れ、孫も良く撮れるが他方全体像は撮れない。三脚を使えないのでピントずれを防ぐには手で固定しなければならない。拍手もままならない。得意の「ブラボー」もできなかった。オッヘンバッハの「天国と地獄」でコンミスの独奏部分が3分ほどある。身内が目の前に迫っているので弾きにくいかとも思ったが、いつもどおり堂々と弾いている。思えば今年12月で引退となるオケ部で5年間、お世辞にも巧いとは言い難い仲間たちとよくぞ頑張って続けてきたものである。あの小柄な孫のどこにそんな力が潜んでいるのだろう。我々には勿体ないくらい特別な孫である。爺バカ丸だしだ。
P4070068.jpg

定期演奏会   2016.12.26

孫のCが所属する高校オーケストラ部の定期演奏会に出かけた。会場は地元の習志野文化ホールでフルオーケストラの演奏にはうってつけの会場である。演奏曲目は第1部、ニュールンベルクのマイスタージンガーより第1幕への前奏曲、オペラ座の怪人メドレー、シベリウス交響曲第2番4楽章、第2部、ショスタコーヴィッチ交響曲第5番全楽章で、重厚かつ難易度の高いものに挑戦している。管楽器のソロ部分で音がはずれるのはお愛嬌として、インフルエンザで穴だらけの編成を補って余りある演奏を聴かせてくれた。クリスマスイブに合わせて指揮の内藤先生がサンタクロースの衣装、生徒はサンタの帽子を被りアンコールに応えて3曲をサービス、ラデッキー行進曲の演奏に合わせた聴衆全員の手拍子でフィナーレとなった。付属中学3年間と併せると4年間、オケ部で真摯に練習に励んできた舞台上Cの姿が眩しく感じる。来年1月にはコンサートミストレスとして重責を担うことになっていると聞いている。万感の思いを込めてエールを送る。
IMG_0164_20161227103714b7e.jpg

銀杏祭   2016.09.17

孫の通っている学校の中、高合同の学園祭「銀杏祭」に出向いた。高1の孫のクラスの出し物は「ジェラシックパーク」で恐竜時代を再現した真っ暗な教室内を二人乗りの手押し車に乗ってめぐるという企画である。子供や女学生ならともかく年より夫婦の参加に高校生もびっくりしたであろう。それはさておき目指すのはクラシックコンクールである。演奏する中、高生はピアノが11名、フルートが1名、ヴァイオリンが1名で圧倒的にピアノが多いが、予選を通過した13名の演奏は毎年かなりレベルが高い。孫が中3で初優勝してはや1年、クラシックコンクールの季節がまた巡ってきた。演奏曲はサラサーテの「序奏とタランティラ」。、今年も優勝!、と気合を入れて練習する孫に、「未完成でも聴iいてほしいと引っ張るものが必要」という若い演奏者に向けた中村紘子さんのメッセージを贈って応援した。今回初めて組むピアノ伴奏の友だちと納得がいくまで稽古していた様子をたまに聴かせてもらっていたが、練習では聴くことの出来なかった音色で前半の演奏が始まったときは、もう魂の震えが止まらなかった、と日身(カミ)さんが言ったほど見事な表現力、後半の超々速のタタンティラもミスなく一気に弾ききった。演奏直後の拍手と感動のどよめきは圧倒的に抜けていて優勝に結びついた。審査員からは、神の声を聴かせてもらえて幸せ、との好意あふれる講評をいただいた。家族の祝宴で、普段自分をひけらかすことのない孫が珍しく「わたし本番に強い!」と言った。努力が報われた体験を重ねて得た自信は生きていく上で武器になる、と頼もしく思った。お芽出とう!
囲碁で千葉県代表として全国大会に出た孫をを祝う懸垂幕
1474146624000.jpg

ミニハーモニカ   2016.09.04

同窓の写真愛好家「写好会」の写真展を観に行った。継続は力なりと言うが何より目を見張ったのはS君の写真が良くなったことである。風景写真であるがピントとか露出と言ったことより視点の良さを感じた。観に行ってご無沙汰していた先輩に会えたのはうれしい。自宅で転んで骨折し少し不自由な体になっていたが、ハーモニカ仲間の女性二人に車いすを押してもらっての来場である。4人で食事をしながらハーモニカの話を聞いていたら昔かじっていたことを思い出した。帰宅して引出しを探すと10穴のAとCのハモニカと4穴のミニハーモニカが出てきた。吹いてみると音は狂っていない。5穴のミニハーモニカを買うとアメイジング・グレース、ムーン・リバー、エーデルワイス、聖者の行進などが吹けることが分かった。早速購入し奏法を思い出してシングル奏法から練習することとした。
IMAG0102_20160907130746051.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»