プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁

第15回文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦千葉県大会   2018.06.17

第15回文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦千葉県大会は、これまでで一番多数の38チームが参加した。市川市、柏市、船橋市からが多く、一番遠くからの参加は富津市碧堀小学校である。人口として一番多い千葉市からは1校のみである。これは、何といっても指導者の有無が原因と思われる。一方柏第4中学校は7チーム、昭和学院小は4チームがエントリ。当然のことながら囲碁に理解が深い学校からの参加が目立った。ところで、大会での山下塾生は思いのほか振るわなかった。段級位から考えて勝って当然、と思われる対局で後れを取っていた。大会ゆえ下位の者が上位の者に勝つことはよくある。やはり気合が良いと感じさせる碁を打っているチームが県代表となった。小学校は八栄小学校と市川小学校、中学校は渋谷幕張中学校と東邦中学校である。全国大会での活躍を祈る。
DSC_0223.jpg

特訓   2018.06.16

昨日は千葉県民の日で県内の公立学校は休みである。17日に開催される第15回文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦千葉県大会に向けて昨日と今日連続で特訓を行った。全国大会への代表選抜戦には山下塾生が多く参加する。小学校では参加8校のうち選手3人全員が塾生の学校が二校、選手2人が二校、選手1人が二校で、中学校では選手2人が一校ある。代表選抜戦以外の交流戦でも八校から塾生が参加している。大会前の指導碁は互先で打ち得意の布石を勉強させる。大会に向けては、、囲碁はどんな相手でも勝ち切るのは大変である、また負けが決まるまでも大変である、優勢でも油断せず、形勢不利でも諦めないこと、と話した。みな緊張する大会を力いっぱい戦うであろう。
IMG_8917.jpg

フリースクール   2018.06.15

都内唯一の私立のフリースクール中学校で「それ活」時間の囲碁に一年生の女子生徒Nちゃんが参加して今回で二回目である。先輩たちに早く追いついてもらいたいので、少し無理だが19路盤で指導した。時間が余ったので先輩のRちゃんに九子の指導碁を頼んだ。折に触れ、囲碁を学ぶと友達ができるよ、と言っているので、色々な生徒との対局が望ましい。一年先輩のRちゃんは指導碁は初めてである。私が負ければいいの?と聞いてきた。友達になるには一生懸命に打つことだよ、と教えた。初めての19路盤でNちゃんはボロボロ石を取られ、涙腺が緩み出した。それでも時々びっくりするようないい手を打つ。「おっ、きみは天才だ!、と心から褒める。何故か更に涙腺が緩んできた。あれでよかったの?とRちゃん言う。Nちゃんは今日の対局を思い出として一生覚えているよ、と話した。二人は真剣に打つごとに友情を育んでいくであろう。
IMG_8907.jpg

団体戦   2018.06.13

薬円台小学校の囲碁クラブは船橋市立の小学校ではクラブの生徒数が一番多いのだが、これまで千葉県小学校囲碁団体戦にチームとして参加したことはない。今年は4年生になったナオト君がクラブに入ったので部員に呼び掛けたら、昨年からいる二人が手を挙げてくれた。二人で対局してもらったら、結構打てる。千葉県代表選は無理だが親睦戦ではかなり活躍すると思われる。囲碁クラブ指導は2回目ながら19路盤で序盤の打ち方を解説して何組か打たせたら終局まで打てた。今年の秋には団体戦で三組くらい参加できそうである。一度県大会に参加するとチームとして勝ち負けの面白さを感じられる。今年は県大会出場の良いきっかけになるであろう。
IMG_0195.jpg

神明幼稚園父母の会   2018.06.09

神明幼稚園父母囲碁の会は会員が固定してきた。当初は40名近くいたのだが、園児の卒園と同時に辞める人が多い。一方で卒園児が囲碁大会に参加するようになっている。大会で入賞すると子供がやる気になる。すると親も相手をしなけれでばならないからか囲碁を習う人が増えてくる。母親の間で子どもが参加できる大会の情報を共有するようになってもいる。また子供囲碁教室の問い合わせも多くなっている。神明幼稚園での指導は年に6回と少ないが、それでも10数年続くと、それなりに囲碁の認識も高くなっているようだ。
IMG_8876.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»