FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁

フリースクール純碁入門講座   2020.07.09

都内のフリースクール中学校に3年間囲碁の指導に通っていたが、昨年からは新入生に1回だけ入門講座をすることにした。今年の予定は5月になっていたが新型コロナウイルス禍で7月にずれた。生徒と先生合わせて40名である。1時間の講座なので「純碁」での指導とした。冒頭で2年前に東京都中学校囲碁大会に個人戦、団体戦に参加した先輩は、その大会で友達を作った、と話した。純碁は10分ルールを話せば全くの初心者でも終局が出来るところが優れている。今回も殆どの生徒が終局できている。生徒の間を走り回っていると特に興味を持った生徒が何人か目に付いた。I君、K君二人に君たちがリーダーになって囲碁を盛り上げてネ、と頼んだ。次は来週の火曜日だそうだが、その日に両君が何人仲間を連れてくるかで囲碁の時間が活発になるかが決まるだろう。今後の指導を受け持つ二人によろしくと託した。

高目会   2020.07.06

顔を出す囲碁サークルの名前はFT会、ほしの会、爽友会、どんぐり会、椎の実会、碁楽教室、スクエア囲碁の会、薬円台碁楽会等々である。会の名前でその会の雰囲気が伝わる。例えば爽友会は会員の気分を表していて、どんぐり会は腕自慢の集まりではない、などと。こんな時期だが囲碁の会を作ろうと声を掛けたら二つ返事をもらったので実行に移した。会名は「高目会」である。碁打ちなら高目は碁盤上の星の上の点を指すと分かるから囲碁の会の名前だろうとすぐに理解する。高目とつけるからには布石の時に高目が好きな連中の集まりかと思うだろう。実は違うのである。訳をばらすと何だと言うことになるので明かさないが、何年か後にはそんな意味だったかと分かるのである。さて心は?

IMG_9339.jpg

5か月ぶりに囲碁指導再開   2020.07.02

小学校での囲碁指導が五か月ぶりに再開された。学校では密にならないように家庭科で使う教室を準備してくれた。この教室なら対局前、対局後の手洗いが容易い。使った碁石は係の先生が終了後纏めて洗い、机と椅子も消毒してくれる。対局前後の手洗いにマスク着用、対局中はしゃべらないことを徹底するので飛沫感染はほぼ防げるでであろう。19年度からの継続組と新規組とをクラス分けして指導内容も当然別々に行う。これまでは家に持って帰る問題には裏に答えを印刷して家で勉強してくるようにしたが、これはあまり効果がなかったので、次の週に答えを書いてくるように変えた。宿題として毎週問題に取り組むようになれば進歩は早くなるだろうと思っている。
IMG_9317.jpg

ネット山下塾の助っ人   2020.06.28

ネット山下塾の火曜日、水曜日は学校から帰って参加できるように16時から開始、土曜日は9時から開いている。一クラス10人という縛りがあり、土曜日は参加者が多く二クラスになるから、二クラスを移動して組み合わせをし、手空き塾生の指導碁を打ち、塾生同士の対局のチェック、と一人では目が回ってしまう。メダカを観に入った折に中務さんに手伝いを頼んだところ快諾してくれた。塾頭の末原君には勝てないが、次に続く3人よりは2子から3子は強く筋の良い棋風なので願ったり叶ったりである。テストにネット山下塾で対局してみたところ、ネット碁に慣れていないのでクリックミスと思しき手が何手も出たので、クリックミスはマッタと違うから戻していいのです、と説明し納得してもらった。7月からネット山下塾の水曜日は無しとした。よき助っ人も見つかり賑やかになった。
IMG_9328_20200702093602967.jpg

JFE趙治勲杯囲碁大会   2020.06.22

JFE趙治勲杯囲碁大会は新型コロナウイルスにより5月の開催は中止となった。21年間続いている大会を途切れさせるのは忍びない、との思いは千葉県少年少女囲碁連盟とJFE関係者は共有している。オンライン対局を絡ませながら密にならない人数での開催はできないか、連盟の役員でZoomを使って話し合った。AIを使わせないという管理の問題があり、オンラインでの大会を催すにはハードルが高い。密を避けるには人数制限をするしかない。会議ではすべての人に安心を与えることは不可能だが可能な限りの安全に配慮して大会を開催したいとの意見が強い。学校休校が長く続き友達との触れ合いを奪われた子供たちに、「手談」といわれる囲碁で相手と濃厚な心の触れ合いを感じさせる大会を年内に催す方向で動き始めることとなった。

DSC_0932.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»