プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁

NPO法人囲碁文化継承の会   2017.05.21

NPO法人囲碁文化継承の会の発足は平成18年9月である。このほど10回目の総会を迎えた。この一年の囲碁指導の実績は延べ11,000人になった。10年通算するとおよそその10倍の人数に達することになる。会員が各地で活動をしてくれたお蔭である。今期は活動していた会員が二人亡くなり、二人が体調を崩している。活動する会員の増加を図らないと活動自体を縮小せざるを得ない。一方、活動資金の面では明るさがある。これまで収入は会員の年会費、JFE21世紀財団からの助成金、単発の囲碁指導の謝金であった。今期から、ある小学校の囲碁指導について委託契約が結ばれることになり、安定した収入が確保できるようになった。今後、囲碁普及活動の場を放課後子供教室と放課後児童クラブに広げたいと考えている。
NPO.jpg

塾頭   2017.05.20

いま山下塾ではレン君が抜けて強い。千葉県のアマ名人戦で県代表クラスに勝つようになっている。この前の県大会でどんな碁を打ったの?、と聞いたら普通に打って勝ちました、と言う。相手のポカで勝ったのではないようだ。今山下塾に通ってくる塾生で次に強い塾生とは7子のハンデである。幼稚園児の頃から通っているレン君は同じレン君という先輩がいたのでチーレンと呼ばれ「チーレン打とう」、と可愛がられていた。いまレン君にとって山下塾は自分の囲碁の勉強というより後に続く後輩の指導の場となっている。山下塾で手の空いているときは棋書を読んでいるが、下の者から「教えてください」と言われれば誰とでも打っている。対局は真剣に打っているのでそれだけでも後輩のよき手本となっている。これまで次々と塾頭が生まれ後輩の指導に当たってくれてきた。あのチーレンが塾頭として後輩の指導に当たっている姿を見ていると灌漑深いものがある。
常昊さんと王汝南さんと
常昊

アイウイル   2017.05.19

アイウイルの経営者養成講座の科目には囲碁がある。主宰の染谷和巳氏が、経営者には囲碁が必須と考えてのことである。9年前から囲碁入門の最初の講義を行っている。囲碁に出会う最初の指導によって一生の趣味になるか否かが決まると考えているので、喜んで引き受けた。「囲碁って簡単で面白そうだ」と思ってもらうのが肝要である。今年から担当者が変わり入門だけでなく1年半の講義にかかわることになった。そこで提案を二つした。一つは受講生にTIY問題集を学んでもらうこと、もうひとつが INGO(ingo-web)を受講者に必修とすることである。経営者を目指すものにはインターネットで学ぶことには馴染みがある。思っていた通り、受講生の間にINGOがブレイクしている。多い人は30局打っている。また受講生同士の対局での講評の依頼が出だした。INGOでの対局を見ていると、一人ひとりの棋力の進み方が手に取るように分ってくる。半年後のオフ会での会話が盛り上がるだろう。
IW_201705220716501c2.jpg

図書館事業   2017.05.18

図書館は書籍を静かに読む、参考書で勉強をする,、という場からいろいろな事業をする場に変わりつつあるようだ。指定管理者制度は公の施設が民間のノウハウを活用して住民サービスの質の向上を図ることで、船橋市の施設でも増えていることは承知していた。それが図書館の業務委託に広がっているとは知らなかった。指定管理者の知人からの紹介で図書館の活動として囲碁入門講座の依頼を受けた。都内の図書館なので地元の人が好いと思うのだが、あいにく紹介する適当な人が思い浮かばなかったらしい。図書館での囲碁入門講座は初めての試みで、どんな広がりになるか興味があったので引き受けた。打ち合わせに向かったが開館して10年余というが建物は綺麗で館内、書籍も真新しい。会場になる会議室は囲碁入門講座の教室としては日本一ではないかと思われるほど立派だ。会場に負けない入門講座にしなければ、と思い至った。
IMG_0520_2017051810275134b.jpg

若松幼稚園   2017.05.17

若松幼稚園の囲碁の時間が今期から30分から40分となった。 最初の10分で問題を出し10人ほど前に出て答えてもらう、続けてサポート役の卒園児のお母さんと模範対局をする、それから園児同士の対局をさせて、最後に論語の素読をやるには丁度いい時間である。園児同士の対局の時間がたっぷりとれることで、何人かの園児と二面打ちが出来る。この時「できたね」「かんたんだね」「すごいね」と言葉をかける。こんなやり取りをしていたら「やましたせんせいカッコイイ」と園児から言施を頂いた。
CA390044.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»