FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁

S学院小囲碁クラブ   2019.12.12

S学院小囲碁クラブではリーグ戦をやっていて、今日で8名の順位が決まる。たまたま玄関で校長先生と会ったので表彰式に参列してほしいと頼んだ。参加賞はお年玉を入れてもらえるように「はぐくみグループ」作成和紙のぽち袋、副賞は金澤祥子さんの書がプリントされたクリアファイルである。ダウン症の書家として有名な金澤さんの文字は、書に造詣の深い校長先生は無論ご存じである。囲碁クラブの担任の若い女性教師は囲碁は打たないがクラブ活動の進め方は上手く、最終回を前にして生徒に3学期に向けての感想と提案を取りまとめておいてくれた。生徒からは学年が違う人と対局できたのは嬉しいことと、次は団体戦、連碁、ハンデの適正化などの希望があった。頬を真っ赤にして真剣な対局をしていたので、棋力は皆上達した。

おもてなし   2019.12.10

幼稚園での囲碁指導では、だいたい最初にアタリの問題を出して園児を6名ほど指名して前に出て答えてもらう。「正解」すると全員で拍手をする。園児のなかには、すぐに前に出てくる子と嫌がる子がいる。今日の船橋幼稚園では担任の先生に園児を指名してもらった。引っ込み思案気味の子が指名されている。「正解!」で意気揚々と席に戻る。おそらくクラスの雰囲気を考えた上での指名であろう。授業が終わると園長室に茶菓が用意されていて、園長が選んだ銘菓、係の小倉さんが淹れてくれる丁度飲みごろのお茶の接待を受ける。玄関では副園長と受付の鈴木さんが見送ってくれる。流石、礼儀、躾に力を入れている幼稚園である、と感動して園を後にする。

慶應囲碁フェスタ2019   2019.12.08

年末12月の第一土曜日はオール早慶囲碁の日であったが、昨年から慶應独自の囲碁フェスタに変わった。二回目を迎える今回は120名の参加となり、オール早慶囲碁の時より参加者が多くなった。懇親碁、慶應名人戦、プロ棋士の指導碁、アマ高段者指導碁、初心者講座、抽選会と盛り沢山の祭りである。恒例の碁会後の懇親会であるが、今年は超豪華版であった。囲碁部OB中島君が会長をしている「ちよだ寿司」が特別に豪華な料理を提供してくれたのである。今回は対局はせず参加者への挨拶と対局見学に回った。アマ強豪の大関稔君(慶應塾友)と沢口君の対局を盤側で楽しんだ。中盤の難しい局面でどう打つべきかが懇親会、帰路の電車の中でも頭から離れない。まだまだ囲碁に情熱を感じている証かなと思う。

DSC_0987.jpg

長寿者表彰   2019.12.07

ふなばし囲碁協会では参加囲碁サークルの会長から85歳以上の会員の長寿者表彰の依頼があると、賞状と記念品を持参して表彰に出向くことにしている。この会は以前毎年一泊囲碁旅行をしていて参加していた時期があるが、昨今は会員の高齢化により無しとしている。また会場にしている老人の家の改装で使えない期間があったためか、会員は10名、とやや寂しい。今日は85歳、86歳2名の表彰に行った。会長から最近の囲碁事情について20分ほど話をしてほしいと頼まれている。東京都立神経病院飯塚あい医師の「囲碁療法」の紹介と、自分が実際体験した棋友の認知症の初期の異変を対局で見つけた話などをしてきた。
オブジェ

神明父母の会   2019.12.06

保護者囲碁の会は船橋幼稚園、若松幼稚園ともに永く続いているが、この二つは母親だけの会である。神明幼稚園父母囲碁の会には父親が二人参加している。いまは勤務形態が自由な仕事が多くあるので、平日の午前中でも父親が趣味の時間に充てることができるのであろう。一人は初段に手が届く棋力である。もう一人は初心から初めて今や昨年から参加している母親と変わらぬ棋力である。この二人が強くなれば、この会の活動は盛んになるであろう。そんな思いから母親との対局とは違い厳しく打つことにしている。それともう一つの狙いは、この幼稚園の囲碁指導を任せることが出来れば、との願いもひそかに持っている。
«前のページ  | HOME |  次のページ»