プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類

無財の七施   2018.06.12

船橋幼稚園の玄関を入ると右手に事務所があり窓越しに受付の女性が仕事をしている。玄関で靴を脱いで上がると、この女性が席を立って玄関まで出てきて迎えてくれる。三クラスの囲碁指導を終え、お茶をご馳走になって玄関までくると、またこの女性が自席から玄関まで出てきて送ってくれる。園長の躾けか、女性自身のもてなしの行動かは分からない。毎回、この送迎を受けていると幼稚園からの囲碁指導への感謝の表れか、と思い有難くなる。仏教に無財の七施(眼施、和顔施、愛語施、身施、心施、壮座施、房舎施)がある。この女性の行動は七施の身施に当たるのであろうか。
IMG_7717_2018061222451171e.jpg

日本工業倶楽部   2018.06.11

日本工業倶楽部と交詢社の第二回囲碁交流戦が行われた。1年前に両方の会員であるKさんが発想して、5名づつの対抗戦が行われた。全く初めての大会なのでハンデなし、オール互先3回の対局であった。結果は交詢社が29勝16敗となった。第二回開催前に、交詢社は昇級規定もあり適切かつ一般に通用する段位があるので、日本工業倶楽部でも段位を申告してハンデ戦で試合をしよう、と申し込んでおいた。申告は交詢社は山下九段以下合計94段、日本工業倶楽部は太田八段以下76段の組み合わせである。ハンデ戦の結果は、交詢社27勝18敗であった。日本工業倶楽部からは冗談に降段しようか、との話もあった。しかし第一回の交詢社との対抗戦以来、毎週開催の囲碁練習日を立ち上げたそうで、1年後には接近した勝負になるに違いない。
DSC_0211.jpg

EV   2018.06.06

EV電気自動車に興味が湧き、EVでは日産が先行しているようなので代理店に行ってみた。リーフはモーターだけで走るので駆動しても静かである。今や充電器設備もかなりあってマンション暮らしでもあまり不自由はないだろう。アクセルをはなすとブレーキがかかるのでアクセルだけで運転できるのも売りの一つである。ガソリン車に比べ加速が良いのも運転し易い。リーフは二代目になりデザインも良く、白とブルーのツートンカラーも気に入った。見積もってもらったら補助金はあるにしても同級の車にしてはまだ価格が高いと感じる。次に替える時はEVにしよう、と今回は見送ることにした。
DSC_0208.jpg

柏市立第4中学校囲碁部の伝統   2018.06.04

昨日の第39回文部科学大臣杯い少年少女囲碁大会千葉県大会に柏市立第4中学校から22名の生徒が参加してくれた。参加者総数が140名からすると約2割が柏4中の生徒である。1年生は入学してから囲碁を始めた生徒が殆どである。やっと終局まで打てるようになったくらいだから、大会では殆どの生徒が未就学児との対局となる。多感な年ごろなので気恥ずかしくもあろう。先月囲碁部に指導に行っただけなのに、大会前と大会終了後に生徒が揃い、部長が声を掛け挨拶してくれる。顧問の五十嵐先生の薫陶によるものであろう。3年生のS君に、4中はいつも大勢参加してくれるね、と話しかけたら「遠入先輩のころからです」、と言う。S君は遠入君とは4歳違うので部活ではすれ違っているはずだが、4中は遠入君の時に全国大会に出場したので名前だけは知っているのだろう。伝統はこんなことから生まれるのだろうか。
IMG_0189.jpg

囲碁三田会   2018.05.28

囲碁三田会総会を日本棋院で開催した。8歳から86歳まで、大阪から参加の人もいる。総会と言っても活動報告、収支報告を監事が読み上げるのではなく監事が、会員に読んでもらうだけである。碁盤を前にしているので一刻も早く対局してもらうのが碁打ちへのマナーである。数日前十段戦就位式で会った桑原先輩から、時計は使わないでじっくり打とうと対局を申し込まれていた。桑原さんとは慶應高校に入った時に2子で教えてもらってからの碁縁であり、対局は何十年振りである。最近棋譜を良く並べているとおっしゃるだけあって、最近のAII囲碁の打ち方にも精通している。3時間たったくらいで「負けました」と仰る。ねじり合いの局面でまだ勝負はどちらに転ぶかわからない。すこし疲れたのか、あるいは勝負を決めないほうが余韻が残ると思われたのだろう。「まけました」と言って終われば相手は気持ちが良い。洒落た終局の仕方を教わった。
DSC_0188.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»