FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類

佐倉市船橋市親善囲碁大会   2018.08.19

第一回佐倉市船橋市親善囲碁大会が開催された。佐倉市囲碁協会からの千葉県内で一番囲碁が盛んな船橋市と囲碁交流をしたい、との申し出を受けた。当初それほど積極的な気持ちにはなれなかったが、船橋市長と佐倉市長が姻戚関係にあると聞き、それならと気持ちが大きく動いた。第一回は申し出た佐倉市に設営以下大会のやり方も全て一任した。市単位の交流だと両市の選手の勝ち星を争うのが通例だが、佐倉市方式はそれに個人戦を加味したものである。両市の選手が対局するのであるが、16人を一つのグループとして全員の順位を決め、8位までに商品を出すのである。市の名誉を背負って打つのと同時に賞品を目指しての対局でもある。この大会に山下塾生から親子二組のほか塾生6人の計8人が参加した。山下塾では大会には自分の段級を甘くして勝つより辛い段級にして一つでも勝つのが価値があるとしている。8人みな1勝はあげた。八段で参加の蓮君がグループで1位になったのと15級の沙良君が1勝したのが嬉しかった。
佐倉市

鎌ヶ谷市船橋市市民親善囲碁大会   2018.07.23

第4回鎌ヶ谷市・船橋市市民親善囲碁大会が開催された。会場となった鎌ヶ谷市役所の大会議室は、参加者120名が対局しても猶かなり余裕がある。鎌ヶ谷市囲碁連盟は組織がしっかりしていて、役員が手分けして運営するので大会の流れによどみがない。受付してから30分後には全員が打てる状態になる。今回の運営でふなばし囲碁協会が参考にすべき点が幾つかある。大会運営で役員が困るのは後片づけである。公的な施設を利用するからには使用前と同じ状態で返さなければならない。ゴミ一つ残してはいけない。昼食後の熱中症予防の飲料水の片づけにしても、役員の誰かが自車にゴミを積んで帰らなければいけないわけだ。今大会では昼食の残骸は参加者が持ち帰り、熱中症対策の飲料は各自が準備し、机と椅子は参加者が片付けることで役員も参加者と同じ時刻に会場を退出できた。役員が早く解放されたことで、両市幹事による懇親会はたっぷり3時間交歓出来た。下戸の自分にはいささか飲み疲れが残っているものの・・・
DSC_0269.jpg

左重心スイング   2018.07.20

7月でこれほどの猛暑になるとは思わなかったので定例の清原会ゴルフの予約を入れていた。テレビなどで熱中症のニュースが多く流れているので午前のプレーで止めることも考えながら出かけた。前回のプレーから左重心スイングを試みている。今更ゴルフが上手くなろうと言うことではない。あまりにもひどいボールが多いので迷惑を少しでも減らしたいのである。左重心でいい球を打てると嬉しくなる。暑さも苦にならなくなる。久しぶりに40台のスコアを出して喜んでいる同伴のTさんの気持ちが伝染して、久々スコアを気にするプレーになった。次のプレー日をすぐに予約した。
DSC_0263.jpg

牛力力さん取材立ち合い   2018.06.27

JFEスチールの社内誌の取材に立ち会うことになった。先日のJFE大会で総務部の担当者と話している時に女流プロ棋士牛栄子さんは千葉市出身で、その母親の牛力力さんは千葉市在住と話していた。社内誌に千葉県の有名人を紹介する欄があり、牛力力さんを次号に取上げたい、と話が来た。牛力力さんの囲碁活動の認識が上がることなので、忙しいだろうが協力を頼んだ。記者は囲碁が全く知らないので立ち会ってもらいたいという。牛栄子さんは小学2年生から6年生まで山下塾に通っていたが、牛力力さんとは30数年前からの縁である。インタビューの中でで囲碁の魅力の一つに、「勝つ喜び、負ける悔しさを小さいうちに体験できること」と語ったのは、自身が中国棋院五段の棋士であり、牛栄子さんの母親らしい言葉、と受け止めた。中国の言葉に「虎父無犬子」(虎の父に犬の子はいない)がある。栄子君が虎になる日が待ち遠しい。
P6220041.jpg

無財の七施   2018.06.12

船橋幼稚園の玄関を入ると右手に事務所があり窓越しに受付の女性が仕事をしている。玄関で靴を脱いで上がると、この女性が席を立って玄関まで出てきて迎えてくれる。三クラスの囲碁指導を終え、お茶をご馳走になって玄関までくると、またこの女性が自席から玄関まで出てきて送ってくれる。園長の躾けか、女性自身のもてなしの行動かは分からない。毎回、この送迎を受けていると幼稚園からの囲碁指導への感謝の表れか、と思い有難くなる。仏教に無財の七施(眼施、和顔施、愛語施、身施、心施、壮座施、房舎施)がある。この女性の行動は七施の身施に当たるのであろうか。
IMG_7717_2018061222451171e.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»