FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類

保育院   2018.12.12

船橋市と中国西安市は姉妹都市である。囲碁の交流は1988年から交互の囲碁団訪問で永年続いているが、昨年から途絶えている。昨年西安囲碁協会の副会長がプライベートで来日した時に、大人は無理になったが子供の囲碁交流をしたいね、と話し合った。船橋市と西安市の交流の一つとして幼稚園の第一保育院の訪問があった。それまで小中学生の交流はあったが幼稚園児は初めてである。創立80年の共通点があったからか船橋幼稚園が訪問先に選ばれた。15組の親子との交流で言葉は通じなくても子供たちは共に遊び賑やかに交わされたと言う。中国では幼稚園は保育院と言って、知育を重視する保育である。前記の副会長は2000人の子供囲碁教室を開いている。生徒を集めるのに幼稚園の門前で囲碁入門を見せて募集していると言っっていた。もしかしたら第一保育院は800人の園児がいる規模なので、彼の囲碁教室に通っている子がいるかもしれない。幼稚園、保育院の囲碁交流が実現できれば愉快なことである。

ケナゲ君   2018.12.11

メダカの天使の舞が季節外れで産卵し、孵化して稚魚が一匹だけ残った。一昨日まで屋外のガラス瓶で飼っていて元気に泳いでいるのでケナゲ君と名付け見守っていた。毎朝落ちていないか心配して観るが、懸命に泳いでいるのを見て健気なもの、と安心する。寒さも増しているので餌はほんの少ししか与えていない。その分成長が遅くまだ5ミリほどである。瓶にはひと月間空気が出ると言う石を入れてあるので酸欠は無いだろう。寒さが厳しいので昨日から瓶は自分の机の上に置いてある。朝夕二度だけベランダで観ていたケナゲ君を一日何回も観るようになった。何とか春まで元気に泳げ!
DSC_0604.jpg

浪曲   2018.12.03

友人の「あっち亭こっち」さんの勉強会に行った。年に6回開催されるうち1回か2回程しか聴きに行けない。今日のゲストは浪曲師である。浪曲が好きだった父親が戦後間もない頃1メートル超もある蓄音機(レコードプレイヤー)を買い込んでよく聴いていたので、自然に馴染んでしまっている。当時浪曲は人気番組でラジオからもよく流れていたものだ。父親は三門博(みかどひろし)のファンでレコードが何枚もあった。そんなわけで耳に親しんでいた浪曲であるが、実演を見るのは今日が初めてである。浪曲師は15歳でプロを目指したという23歳の若手真山隼人さんである。浪曲は一声、二節、三啖呵といわれ、声の良さが一番である。真山さんは曲師沢村さくらさんとの息も合い艶のある声で熱演した。見事である。浪曲の常設場はあるようだが、日本の演芸として継承すべきと強く思った。
DSC_0001_BURST20181203144250069.jpg

生涯未婚率   2018.12.02

五陶会の忘年会である。10年前に25名の会員から発足したが現在は12名である。今日の忘年会は7名が出席の予定であったが、一人が日にちを間違え6名の会となった。6名は之までの最低人数だが、一つのテーブルを囲んで全員の話が近くて良い面もある。あまり家族の話は話題にならなかったが、結婚しない息子や娘がいる人が6人中3人いて、他に離婚した娘がいる会員が一人いた。身近にそれほど未婚者がいるとは驚いてインターネットで調べてみると、今は男性で4人に一人、女性で7人に一人が独身とあり二度吃驚した。結婚について、結婚しても後悔、しなくても後悔、どっちみち後悔するなら結婚した方がいい、と昔石川達三が書いていたのを思い出すが、独身の良さ、不自由さはそれぞれあるのでどちらが良いかは生き方の問題であろう。だが親の身になると生涯未婚の息子や娘がいると心配な気持ちの方が強いようである。無論結婚したから安心、ということはないが、我が娘、息子がよい家庭を築いてくれたことは有難いことである。

慶應囲碁フェスタ2018   2018.12.01

今日”慶應囲碁フェスタ2018”が日本棋院で開催された。12月第一土曜日は56年間恒例の全早慶囲碁戦が続けられてきた。今年の開催について両校幹事の合意が得られず中止になった末の言うなれば代替イベントである。どれくらいの人が賛同して参加してくれるか危惧していたが、OBが110名、学生20名が集まり大盛会となった。慶應名人戦、プロ棋士6人の指導碁、親睦試合、抽選会、と幹事諸君が企画した内容に参加者は一様に満足してくれたようである。会場での簡単な懇親会のあと近くの寿司屋に移動した二次会には80名余が参加した。56年続いた全早慶戦の再開を望んでいるが、もしなければ慶應だけのイベントで十分楽しめると、来年の再会を約しお開きとなった。「社中協力」の慶應精神を体感した一日であった。
DSC_0574.jpg
«前のページ  | HOME |  次のページ»