FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

門前の小僧   2018.08.15

恒例となった船橋市茶華道センターの囲碁入門講座である。参加者は小学生1名女性4名男性9名の14名である。女性は全員まったくの初心者である。一番強い人は10級くらいかと思われる。女性のKさんは新しい趣味を探していて日身さんから勧められて参加した。講座の後昼食をはさんで我が家にやってきた。難しいので今日の1回で辞めたいと言っている。励ます意味もありKさんと9路盤で一局打ったら、なんと日身さんがKさんに私と打とうと言いだした。家事については専業主婦というよりプロ主婦と言っていいくらい、ハミングしながら一日中動いていて、囲碁のような時間の取られることには目を向けたことがない日身さんが、である。。二人の対局を見ていたら、これが初めての対局と思えない手を打っている。「門前の小僧習わぬ経を読む」ではないか。囲碁をKさんの新しい趣味にするばかりでなく、日身さんの趣味にもしなければ、と真に思った。
始めて打った終局図
DSC_0356.jpg

学書院展   2018.08.14

柳田青蘭先生主宰の学書院展を観に行った。学書院は柳田泰雲先生が開かれた書道会である。泰雲先生は書家では抜きんでた棋力の持ち主で事務所、ご自宅、別荘に何度も伺い盤側で対局を拝見したご縁である。書道展の会場入口を入ったところで、最高賞を受賞した会員の名前に目が留まった。友人の奥さんと同姓同名である。学書院の会員とは聞いていないが、もしかすると本人かもしれない。電話してみたが留守であった。お目当ての審査員、鈴木青圃の作品は目立つところに飾られている。昨年より大作である。超多忙なお立場で、よく仕上げられたものと感服した。この方の指導している子供たちの作品群も見応えがある。自由に書かせているのが分かる作品揃いである。自分の思いを思いっきり出しているような書きかたである。今日が初日であるからか、子供たちの席上揮毫が催されている。腕より太いのではと思われる筆に墨をたっぷり付けての作品つくりは楽しさが良く出ている。子供たちに声を掛けている青蘭先生に30年ぶりにお会いし泰雲先生の思い出を話したかったが、次の予定が迫っていたので、それは来年の楽しみとして会場を後にした。
DSC_0343.jpg

完食   2018.08.13

息子のところの孫は胸板が張っている。どうやら息子の体格を継いだようだ。食べっぷりも良い。好き嫌いも殆どない。もうお腹一杯になっただろうと観ていると、そこからまた美味しそうに食べ出す。日身さんはせめて我が家に来た時ぐらいは外食させたくないと思っているから、息子家族がいる間、6人分を七食作ることになる。いつものように七食分の料理のメニューが絵コンテに描かれてある。今回は食べ始める前に日身さんが孫に「自分がお皿に取った料理は全部残さず食べてね」と約束させた。お皿に取った料理を残すのは、先ずもって勿体ないこと、更に作った人に失礼であることを孫に分かってもらいたいからである。言うまでもなくこの躾けは大事である。

里帰り   2018.08.12

息子家族が大阪に越してから始めての夏休みである。先ずどれくらい成長したかを測るのに孫二人を抱きかかえることにしている。十月で10歳になる姉の方は、もう今回だけで無理である。体重30キロは超えたようだ。下の方はまだ20キロにならないのでしばらく大丈夫。姉の方は体もさることながら家族の中で自分の役割が分かり出している。下の方はマイペースで動いてはいるが、小さいながらそれなりに屈託はあるようである。そろそろ囲碁の仕込み頃、と思い「アタリ」を教えだした。姉の方はINGO(ingo-web)で指導できるが、下の方を遠隔操作でどう導くか、まだ見当は付かない。

プレシアクラブ   2018.08.11

300世帯余のマンションに3年前に自治会ができ最終的に110世帯余が会員になったが,発展せず今年から休会となっている。その代わりプレシアクラブが先々月発足した。とりあえず50所帯弱が入会し、発足後第2回の集まりがあった。全員の簡単な自己紹介を聴いて、これからなお結びつきが生じるであろうと感じられた。自分の番では15年間コミニティハウスを使わせてもらい子供囲碁塾をやっているが、塾生たちにはマンションの住民に出会ったら元気な声で挨拶をするように指導していること、プレシアクラブの会員同士の理解が進むことで新らしい縁の広がりを期待している、と述べておいた。月に一回は集まるようで、幹事の方々のリードに期待している。
DSC_0202.jpg

草むしり   2018.08.10

台風の接近で霧雨が降っていたが、お盆が近づいたので墓参りに出かけた。昨年までは年末、春、秋の彼岸とお盆には必ず姉が我々より先に来て墓周りの草取りをしてくれていたものだ。夏のこの時期の雑草は肥料をやるわけでもないのによくこんなに茂るものかと思うほど密集して伸びている。雑草をむしり始めると同時に激しい雨となったのは難儀ではあったが、反面玉砂利の下の土が柔らかくなって根っこから引き抜き易くなったのは有難い。墓石は大雨に洗われたのでそのままで綺麗であるが、線香に火がつかなくて往生した。四季の節目節目の仏事に過ぎないのに、昨年末から姉の草むしりが永久に無くなってしまったことに思いが巡り巡っている。
山下家

釣り仲間   2018.08.09

釣り仲間と言えば互いの釣果を自慢するのであろうが、釣果を一方的に聞くだけだから釣仲間と言うのはふさわしくない。彼はボートを持っていて土日は東京湾で釣りをしている。久々に会ったので最近の釣果を聞いたところ、今年は全く駄目という。水温が例年だと25°Cだが今年は30°Cもあって魚が上に上がってこない。昨年の今頃は30センチクラスの白キスが何本も釣れたが、今年はさっぱりダメとか。素人だけでなくプロの漁師も同じだという。船橋ではホンビノス貝だけが採れている。彼の情報によると瀬戸内海でも同じらしい。地球温暖化の影響が釣果にもろに影響するとは気が付かなかった。
CIMG4846_20180810094150b31.jpg

食べ放題飲み放題   2018.08.08

スクエア囲碁の会では毎年暑気払いを有志でやっている。今年は幹事がランチタイムの飲み放題食べ放題の中華料理店を見つけてきた。たまに家族で外食する折には中華料理が多いので船橋駅周辺の中華料理店の情報は殆ど手に入れていると思っていたが、この店は初めてである。まずは店主が食事のルールを二つ説明する。開始から1時間半でオーダーストップ、注文した料理は完食すること、この二つ目はもっともなことである。メニューは149種ある。12名がそれぞれ自分の食べたい料理を注文した。次々運ばれてくる料理を皆ルールに沿って平らげていく。高齢者が多いというのに、完食のルールを守ろうと頑張っている。自分は、と言えばオーダーストップの時点で注文した料理が2品出来てこないので、これはキャンセルして全て残さず食べきった。帰宅したら孫のCちゃんの誕生祝会で食卓に料理があふれている。流石に箸が進まない。勿体ないことである。
CIMG2661.jpg

囲碁大会会場   2018.08.07

千葉県少年少女囲碁連盟では年に10回ほど少年少女の囲碁大会を催す。開催できる大きな会場を予約するには、2か月前に申込み、抽選で決まることが殆どである。2か月前では準備に時間が足りないため、先行予約できる施設でなければ大会を企画できない。このところ公民館の先行予約が取りにくくなっている。そんな状況の中で子供囲碁大会には大学の施設を使わせてもらうのが一番有り難い。当連盟では副会長の入江さんの働きで、東邦大学の学生食堂を借してもらい年に2回、大会を催せるようになった。それでも足りないため、一昨年千葉経済大学の理事佐川さんに依頼して、同じく学生食堂を使わせてもらえるようになった。来年から定期的に開催できるようお願いに出向いたところ、格別な配慮をしてもらえることになった。千葉経済大学では昨年から囲碁授業が始まっている。大学内で開催する子供囲碁大会は教育現場での囲碁の広がりの一要素であり、誠に有難いことである。
CIMG4620_2018081009432799c.jpg

置碁   2018.08.06

囲碁は強いほうが勝つゲームであるが、ハンデが適正であれば棋力の差があっても勝負を楽しめる。ハンデが細かく設定できるのは囲碁の魅力の一つである。ハンデの付いた碁は置碁という。置碁で上手(うわて)が負けても気持ちが良いのは、置き石の力を生かして下手(したて)に押し切られたときである。だが、上手が負けてはいけない置碁がある。ひとつは下手が棋力以上に置き石を置いていると思い、上手の打った手に反発しないで言いなりに打って勝とうとしているときである。上手としては囲碁は知的格闘技であるから何も戦わないで勝たれるのはつらい。負けてはいけない置き碁のもう一つは、上手が「碁にした」局面から負けることである。「碁にした」とは、例えば4子置いたハンデが下手の判断ミスや着手ミスにより4子のハンデが3子になり、2子になり、ハンデが無くなった局面を言う。ハンデが消えたら棋力の差があればそのまま押し切らなければいけない。それを逆転されるのは上手として恥ずかしいことである。FT会の対局を自宅ですることになって、中務さんに逆転負けをした。悔しさはしばらく残る。
千葉大学3
«前のページ  | HOME |  次のページ»